うつ病

うつ病

WHO(世界保健機関)の推計によると、人口の3〜5%はうつ病にかかっているということです。つまり、全世界では1〜2億人、わが国では360万〜600万人もの人がうつ病にかかっていることになります。うつ病の増加の原因として、平均寿命の延長、産業における高度の技術化、熾烈な競争社会などのほかに、生活習慣病(成人病)、老年病にともなううつ病の出現やうつ病診断の知識や技術が向上したことなどが考えられます。

仮面うつ病

全身の倦怠感があったり、疲れやすい、頭が重い、眠れないなどの症状があるとき、心の病気ではないかと考える人はあまりいません。しかし、細かく調べてみると、気分がのらない、気持ちが浮かない、気力がわかない、落ち着かない、先行きのことが心配など、うつ病の精神症状が背後に隠れていることが少なくありません。こういったケースを身体症状という「仮面」をかぶったうつ病、つまり仮面うつ病と呼んでいます。

うつ病の身体症状

うつ病の特徴的な身体症状のひとつが睡眠障害です。早朝(午前3〜4時)に目覚め、その後一睡もできないなどと訴えます。一般に、全体の睡眠時間が短くなり、また深い眠りが失われ、浅い眠りが不安定に続きます。夢をよく見ますが、途中で目が覚めてしまいます。朝の目覚めは悪く、それが、夕方頃まで続くことが多いのが特徴です。次に全身倦怠感や疲労感、無力感が目立つようになり、食欲も低下、食べても味がしない状態が続き、体重が減少して便秘になりやすくなります。体力とともに性欲もなくなり、男性はインポテンツ、女性は生理不順、無月経になりやすくなります。また、からだのいろいろな部位の痛みが現れやすくなります。そのほか、頭が重い、めまいがする、動悸がする、肩こりがひどいなどの症状もみられます。

うつ病の精神症状

上記のような身体症状の背後には、次のような精神症状が認められます。1つ目は「憂鬱」です。気分が滅入ったり、涙もろくなったり、些細なことにくよくよしたり、将来に希望を持てなかったり、一人でいると心細かったりします。2つ目は「億劫」です。これは、意欲の低下により、仕事がうまくいかなかったり、外出を避けたり、日常の関心事に興味がわかなかったりします。3つ目は「イライラ」です。イライラして落ち着かず、あせりや不安感が目立ちます。うつ病の病前性格は、その特徴として真面目人間で、社会的適応性も良好なタイプといえます。このようなタイプは、社会的地位も高く、几帳面で律儀、仕事熱心で義務感、責任感が強いのが一般的です。うつ病の原因は、遺伝要因や脳内アミン代謝異常などが推定されていますが、まだ不明な点が少なくありません。うつ症状は、いろいろな病気にともなってみられます。下記表に示すように、日常よく知られた病気も多く、中でも感冒やインフルエンザなどの感染症が、うつ病を悪化させたり、治りを悪くしたりします。また、女性では出産や手術が契機となってうつ病になることが少なくありません。薬剤によっても、うつ症状が引き起こされることがあります。よく知られているのが高血圧治療の薬やネフローゼ症候群、気管支喘息、膠原病などの治療に使われる副腎皮質ホルモンなどの薬でうつ病を起こしやいといわれています。

うつ病の症状

症状区分 症状
身体症状 欲動 食欲の不振、性欲の減退、無月経、月経の異常、体重の減少(時に増加)など
睡眠 入眠困難、断続的な睡眠、不眠、早朝覚醒(時に過眠)など
自律神経系 便秘、消化液分泌低下、四肢の冷え、首筋のこり、肩こり、頭痛、四肢の痛み、腰痛、口内の乾燥、悪心、嘔吐など
精神症状 気分 抑うつ、悲しみ、孤独感、喜び。楽しさの喪失、興味の喪失、疲労感、疾病感、気力の喪失、不安感、緊張感、気分の日内変動、焦燥感、攻撃的、自信の喪失、劣等感、悲観的、対人接触拒否、絶望など
思考態度 自責感、罪悪感、貧困。罪業妄想、自殺観念、集中力の貧困、思考力の貧困、決断困難、記憶力の貧困、回想困難、時間の停滞、心気症
行動 無表情、身振りの緩慢、行動の減少、常同的徘徊、興奮、孤立、作業の能率低下、社会的機能の低下、自殺

うつ病の治療

前述の身体症状や精神症状のいくつかは、だれでも思いあたる症状です。また、働き盛りの年代は、生活習慣病(成人病)などいろいろな病気になりやすい時期でもあるので、からだの調子が悪いときは、自分自身で診断せずに、生活習慣病(成人病)検診を含め、医師の診察を受けることが大切です。うつ病は、長年にわたる不適切な生活習慣の歪みや、ライフスタイルの歪みに基づいて、発症・悪化することが多いので、生活習慣を改善することもうつ病治療によい影響をもたらします。日常生活のあり方を再点検し、ライフスタイルの問題点を修正して、ストレスを上手に処理することが大切です。

うつ病の光線治療

日常生活を改善するとともに可視総合光線療法を行います。ストレスは、自律神経機能、内分泌機能を乱し、からだにいろいろな異常をもたらします。よく眠れない、だるい、肩がこる、便秘をするなどの症状に対して、光線治療は自律神経系および内分泌の各機能を調整して、症状を改善します。筋肉の血行障害によるからだの痛みには、可視総合光線療法が最適の治療といえます。さらにうつ病を悪化させやすい風邪などの予防・治療にも効果が期待できます。

♢治療用カーボン:3000ー5000番、または3002ー5000番、4000ー4002番を用います。

♢光線照射部位:両足裏部⑦5〜10分間、両足首部①、両膝部②、腹部⑤、腰部⑥(以上集光器使用せず)、左右咽喉部④、前額部(以上2号集光器使用)各5分間。首筋のこりが強いときは、④の代わりに後頭部③(1号集光器使用)または頸椎下部(1号集光器使用)を5分間照射します。このほかに痛む部位があれば、集光器を使用して患部を各5分間追加照射します。便秘のときは⑤の代わりに左右下腹部(1号または2号集光器使用)を各5分間照射します。夜間、あるいは早朝に目が覚めるときは、そのたびに⑦②前額部を各10分間照射します。うつ病にはいろいろな照射があり、それぞれ原因も異なっています。中でも、季節性うつ病は、秋や冬、光にあたることが減ると抑うつを生じます。この種のうつ病は、人工的に明るい光を与えれば症状を軽減できるという、かなりの程度の裏付けがヨーロッパ、米国などの研究で得られています。この研究で興味深いのは、きわめて明るい光ではなく、普通の光で治療した場合でも効果があるということです。また、正常な人たちも、明るい光を与えると、気分的な改善があった、という報告もされています。

うつ病を引き起こす薬剤

血圧降下剤・抗精神病薬・副腎皮質ホルモン剤・潰瘍治療薬・性ホルモン剤・鎮痛剤・パーキンソン治療薬・抗ウイルス剤・排卵抑制剤・抗ヒスタミン剤・その他

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る