おもな経絡

経脈

からだを縦につらぬきます。六臓六腑とつながった正経十二経脈と、経脈をまとめたり気血のバランスをとる奇経八脈に大別されます。

正経十二経脈

主要な経脈として、12本の正経十二経脈と8本の奇経八脈があります。厳密には正経十二経脈はからだの左右にあるので、全部で24本となります。

12本の経脈は、それぞれ特定の臓腑に所属し、肝経、心経、脾経、肺経、腎経、心包経、胆経、小腸経、胃経、大腸経、膀胱経、三焦経と、臓腑の名前がつけられています。経脈を考える場合は、五臓に心包(心を包む膜)が加わって六臓となります。心包と対応する臓は三焦です。

12本のうち6本は手を通るので手経、6本は足を通るので足経といいます。手経と足経は、それぞれ3本の陰経と3本の陽経に分かれています。陰経は六臓につながり、陽経は六腑につながります。

手の三陰経は胸から手指の先に走り、手の三陽経と連絡します。手の三陽経は頭に向かい、顔面で足の三陽経と連絡します。足の三陽系は足指の先に走り、足の三陰経と連絡します。足の三陰経は胸に向かい、手の三陰経と連絡します。すなわち、12本の経脈は、手足の先端部、顔面、胸の内部で、次の経脈と連絡することで、全体が1本につながって、ひとつながりとなっています。対応する陰と陽、手と足、臓と腑をたどりながら、からだを循環します。

手の陰経は、手太陰肺経・手少陰心経・手厥陰心包経。

手の陽経は、手陽明大腸経・手太陽小腸経・手少陽三焦経。

足の陰経は、足太陰脾経・足少陰腎経・足厥陰肝経。

足の陽経は、足陽明胃経・足太陽膀胱経・足少陽胆経。

経脈の名前をみれば、所属する臓腑、陰経か陽経か、手経か足経かがわかります。

奇経八脈

奇経八脈は臓腑とつながっていません。十二経脈を組み合わせて互いを協調させるはたらきがあります。十二経脈の間を縦横に交差しながらのびています。十二経脈と臓腑の気が多すぎれば蓄え、足りなければ補完するという、気の量の調節にもなっています。奇経八脈のなかでも、督脈と任脈のはたらきは重要とされています。

督脈は陽経を統括するので、全身の陽の気をコントロールすることになります。背骨にそってのぼり、後頭部から頭のてっぺんを通って、顔面をくだり、鼻の下までのびています。

任脈は陰経を統括するので、全身の陰の気をコントロールすることになります。腹部の中央ラインにそって、唇の下までのびています。

陰経と陽経

人間のからだは、両手両足を地面につけたとき、日光があたる側を陽、陰(かげ)になる側を陰とします。陽の側を通る経脈は陽経であり、陰の側を通る経脈は陰経です。また、直立して両手を上げた姿勢で、陽経は上から下に流れ、陰経は下から上にのぼるとされます。

豆知識*奇経八脈には督脈、任脈、衝脈、帯脈、陰蹻脈、陰維脈、陽維脈があります。奇経の奇は奇数の奇で、一対になっていないことを示します。十二経脈のように陰陽の対はありません。督脈は3つの陽経と何度も交差します。胞宮(子宮)からおこり、とくに妊娠と関係が深いとされます。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る