アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、乳幼児期から学童期にかけてしばしばみられる皮膚疾患で、かゆみが強いために患者自身も周囲の人も悩まされる病気です。大半の子供では思春期を迎える頃には治まりますが、就学前に重症の場合は、大人になっても慢性化するケースが多いようです。

湿疹、じんましん、気管支喘息、鼻炎などになりやすい体質をアトピー体質と呼んでいます。アトピー体質の人は、過敏で外からの刺激に反応しやすく、湿疹を起こしやすいものです。アトピー性皮膚炎は気管支喘息と合併して現れることが多く、一方がよいと他方がよくないといったやっかいな状態になる場合もあります。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎は、皮膚が乾燥してカサカサ、ザラザラになる傾向があります。肘窩(肘の内側)、膝窩(膝の裏側)、顔、頸部、背中、臀部などにブツブツができやすく、強いかゆみに耐えられずにかいたりすると、血がにじんだりします。経過は慢性で、良くなったり悪くなったりを繰り返します。皮膚炎の部位がごわごわ(苔癬化)して厚くなってくることもあります。症状を悪化させないためには、日常生活での細かい注意が必要です。いつも乾いた木綿の肌着を着用するようにし、入浴時は刺激の弱い石鹸を使用してゴシゴシこすらないようにします。そのほか、皮膚に刺激を与えるものは極力避け、汗などにも気をつけます。食物に対してアレルギー反応を示すこともありますので、食事にも注意が必要です。

アトピー性皮膚炎の光線治療

アトピー性皮膚炎については、様々な研究が行われていますが、発症のメカニズムは、まだ明らかになっていません。従って、決定的な治療法も見つかっていないのが現状です。一般には、副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)が治療に使われますが、これには副作用があり、使い続けた患者の目が白内障になるなどして社会問題にもなっています。その点、可視総合光線療法は、副作用の心配もなくかゆみを軽減させ、皮膚症状の改善を促しますので、安心して治療できます。

アトピー性皮膚炎の皮膚は、水分が少なくてカサカサし、外からの防護機能が弱まっている状態です。可視総合光線療法には、皮膚の水分量を増やし、潤いを与える効果があります。これは、可視総合光線療法に含まれる長波長の紫外線(UVA)とソラーレンという薬剤を用いたプバ(PUVA)療法が行われるようになって注目を集めています。ただし、ソラーレンは光増感の光毒性物資であるため、医師の厳しい管理下でしか使用できません。可視総合光線療法に用いられる光線に含まれる紫外線は、太陽光線に比べてもわずかで、もちろん皮膚ガンなどの危険性はありません。ソラーレンも使用しませんので、専門医へ行かなくても家庭で安心して治療を行うことができます。

♢治療用カーボン:3001ー3002番の組み合わせが他の組み合わせに比べて、症状改善までの期間が比較的短い傾向にあります。しかし、乾燥傾向が強い皮膚炎や1〜2カ月間治療しても搔痒感が継続し、皮膚症状に変化がない場合は、治療用カーボン3000ー3002番または4000ー4009番の組み合わせを用いると良好を得られることがあります。

♢光線照射部位:からだ全体の治癒力を高めるため、湿疹部のみでなく両足裏部⑦、両足首部①、両膝部②、腹部⑤、腰部⑥などの間接照射部位へも照射を行います。特に、両足裏部⑦は十分に温めるまで照射することが重要です。また、患部照射は集光器を使用すると治療効果が上がります。患部が多い場合は、一度にすべての部位を治療せず、数回または数日に分けて治療します。

♢光線照射時間:間接照射部位は各5分間。患部は、5分間程度から始め、治療経過に合わせて照射時間を徐々に延長します。一度に長時間照射せず気長に焦らず継続することが重要です。したがって治療時間も毎日続けられる範囲内で決定します。

●光線治療における留意点

湿疹患部に対しては、特に熱く感じない照射距離で治療します。治療開始数日後、まれに湿疹患部が赤みを増したり、一時的にかゆみが増すことがあります(陽性反応)。この場合は治療回数を減らしたり、照射時間を短めにしたりしますが、皮膚病巣が慣光性を獲得すれば自然に治ります。入浴後など、塗薬や化粧品が取り除かれた状態で光線治療を行ってください。ただし、乾燥傾向の場合は、薬剤の含まれていないワセリンや馬油などを薄く塗り、光線を照射します。治療用カーボン3001ー3002番の組み合わせを一般的に用います。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る