アルコール性肝障害

アルコール性肝障害

酒を飲むと「酔い」の状態になりますが、この状態はやがて醒めます。これは、アルコールが水と炭酸ガスに分解されるからです。このアルコール分解を行っているのが肝臓です。アルコール性肝障害は、アルコールを含有する飲料を長期的に飲みすぎることによって起こります。アルコールの飲みすぎによる肝障害の患者数と肝硬変による死亡率は、明らかに増加傾向を示しています。

アルコール性肝障害の症状

アルコール性肝障害の多くは、アルコール性脂肪肝→肝炎→肝硬変と進行していきます。最初の病変の脂肪肝は良性で治癒しますが、肝炎となるともはや致命的ともいえる病変で、毎日日本酒にして5合(900ml)以上の大量飲酒者に多くみられます。

⑴アルコール性脂肪肝

アルコール性肝障害の初期の病変が脂肪肝で、肝細胞内に中性脂肪が異常に蓄積して、細胞が大きく腫れ、肝臓が大きくなった状態です。毎日日本酒にして3合(540ml)以上を少なくとも5年以上飲み続けていると発症します。初めのうちは特別な症状はありません。全身倦怠感、上腹部不快感、腹部膨満感など不定の症状がみられます。肝臓の機能障害は起こりません。

⑵アルコール性肝炎

毎日日本酒にして5合以上を5年以上飲み続けた場合に起こってくる状態です。かなり重症で、アルコール依存症の状態です。かなり重症で、アルコール依存症の状態です。脂肪肝と同じような症状のほかに、上腹部の痛み、吐き気、嘔吐、下痢などの胃腸症状をしばしばともないます。そのほか、発熱、肝臓の腫大、黄疸、腹水、脾臓の腫れなどが起こります。時に興奮、震え、痙攣、見当識障害(自分のいま置かれている場合、時間、環境などを認識できない)などの精神神経症状が現れます。

⑶アルコール性肝硬変

日本酒にして5合以上を10〜25年以上毎日飲み続けると発症します。中年以上の男性に多くみられるもので、多くの場合、本人の知らない間に症状が進行します。肝臓はかなり高度に変化し、肝臓部を押しても自覚症状がないこともあります。比較的早く食欲不振、吐き気、嘔吐、心窩部(みぞおち部)疼痛、腹部膨満感などが起こることもあります。進行すると肝細胞不全、門脈圧亢進症状が現れます。症状としては、黄疸、腹水、浮腫、出血傾向、クモ状血管腫(首、背、胸などにクモが足を広げたような赤い斑点)、手掌紅斑、女性化乳房、睾丸萎縮、インポテンツ、脾臓の腫れ、腹部表面の静脈の拡張、食道静脈瘤からの出血などがあります。食道静脈瘤からの出血、腹水、黄疸などの症状は予後不良のしるしであり、脳症状、昏睡、出血傾向、肝性口臭の持続は予後きわめて不良といえます。

アルコール性肝障害の光線治療

アルコール分解は、肝臓が行っていますので、飲めば飲むほど肝臓に負担がかかってきます。飲酒が毎日ですと、肝臓の疲れは大きくなるばかりですので、時々休ませる必要があります。週のうち2日くらいは禁酒日(休肝日)を設けることが大切です。

♢治療用カーボン:1000ー3001番、3001ー4008番、4001ー6001番を用います。

♢光線照射部位:両足裏部⑦、両膝部②、腹部⑤、腰部⑥(以上集光器使用せず)、背正中部(1号集光器使用)、肝臓部(2号集光器使用)、後頭部③(1号集光器使用)を照射します。

♢光線照射時間:各5〜10分間。1日1回。

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る