アーユルヴェータなどの伝統医学

アーユルヴェータとヨーガ

アーユルヴェータはインドの伝統医学で、最近、話題にのぼることが多いです。人間のからだは、ヴェータ(風)、ビッタ(火)、カパ(水)という3つの要素(トリー・ドーシャ)で構成されているとされます。トリ・ドーシャのバランスがとれていれば健康とされます。バランスが乱れると、ヴァータ体質、ビッタ体質、カパ体質のどれかになり、症状がでます。

医師は、舌や瞳をみたり、脈をとったり、問診することで、ドーシャの過剰を判断し、治療します。オイルマッサージや薬草の処方などの前処置のあと、発汗や浣腸などの中心処置で余分なドーシャを排泄し、食事療法やハーブ療法、瞑想などの後処置をします。生薬からつくられる薬やオイル(香油)は数百種類にわたり、体質や体調に合わせて選ばれます。

アーユルヴェータは、病気を治療するだけではなく、食事、季節ごとの過ごし方、人間関係などもふまえて、健康な人生をおくることを学ぶ、一種の哲学ともいえます。インドでは多くの大学でアーユルヴェータの研究と教育が行われており、西洋医学とともにインド医療を支えています。

ヨーガは古代インドで生まれた修行法だが、最近では健康法のひとつとして知られています。独特のポーズや呼吸法によってリラックスし、体内のエネルギーの流れをよくして生命力を高めるとされています。

チベットとイスラム圏の伝統医学

チベット医学は仏教の教えに従っているとされます。以前は僧侶だけが修めていたが、現在は大学などで専門の医学教育を受けることができます。人間のからだは、ルン(風)、ティーバ(火)、ペーケン(水)で構成され、3つのバランスがくずれると病気になるとされます。脈診や尿診断が行われます。生薬を使った薬が処方されるが、薬草は海抜3800mのチベット高原で採取される植物です。また、薬湯による治療が特徴で、リウマチや皮膚病、関節炎などに効果があるといわれます。

イスラム医学は、ギリシャ医学を土台とします。血液、粘液、黄胆汁、黒胆汁の4体液のバランスがとれていれば健康とします。症状と反対のもので治すという原則があり、熱性の病気には冷性の薬物を処方します。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る