ツボの名前と奇穴

奇穴

奇穴は位置が決まっていて、印堂や太陽といったツボ名もついています。阿是穴は位置が固定しておらず名前もついていません。

整形外科的な疾患の治療に使うツボ

鍼灸は臓腑の変調の治療にだけ使われるものではありません。むしろ日本では、肩こりや膝の痛みなど、筋肉や関節のトラブルで鍼灸治療を受けることの方が多いでしょう。

東洋医学では、全身の筋肉は、十二経脈と強くかかわっているとされます。筋肉を十二経脈の分布にもとづいて分けたものを十二経筋といいます。十二経筋のトラブルは、筋肉のまひや弛緩、けいれん、痛みなどとなってあらわれます。トラブルがあった経筋とかかわる経脈上にあるツボ(経穴)であれば、どこを押しても治療効果が期待できます。なかでも、手指と手の甲、足指と足の甲にある榮穴と兪穴が高い効果を発揮するとされています。

ツボの名前の由来と奇穴

鍼灸治療によく使われる五兪穴には、水の流れをイメージした名前がつけられているツボがあります。東洋医学の統一体観にもとづき、人間の体内で気が生まれ流れていくようすを、水の流転にたとえたものです。

井穴の井は気が湧きだすところ、榮穴の榮は気が勢いよく流れはじめるところ、経穴の経は気が順調に流れていくところ、合穴の合は、気が合流して体内に入っていくところの意味であります。具体的には、例えば、涌泉(井穴)、前谷(榮穴)、太淵(兪穴)、陽渓(経穴)、少海(合穴)といったものがあります。

いっぽう、ツボがもつ作用が名前になってるものがあります。風邪が入った時に使うツボには風池や風門、津液を調節するには水溝や水分、気を調節するには気戸や気海、神を調節するには神門や神堂、神道などがあります。
なお、ツボとは原則的に経絡上にあるものをさすが、実際には経絡上に存在しない奇穴と呼ばれるツボも多いです。奇穴に対し、経絡上のツボは正穴となります。
奇穴は特攻穴ともいわれ、臓腑と経絡でつながっているわけではないが、さまざまな症状に効果をだしやすいです。

数は正穴よりも奇穴の方が多く、昔から知られているツボに加えて、新しく見つかるツボもあります。

WHOが認定した正穴は361ですが、東洋医学で実際に治療に使われるツボは1000を超えるといいます。

正穴と奇穴以外に、阿是穴というツボもあります。「押すと痛いが気持ちがよい」と感じる反応点があります。

奇穴や阿是穴への鍼灸で症状が改善されることもあるが、対処療法です。

榮穴と兪穴の位置

・・・十二経脈の手足先端部分にある五兪穴は、症状や治療の判断に使われること多いです。
なかでも榮穴と兪穴は、治療によく使われる重要なツボです。
榮穴と兪穴は手足の甲のあたりにあります。

五兪穴と水の流れ

古代の中国では、体内での気の流れを水の流れにたとえたため、水にかかわる名前が付いているツボが多いです。五兪穴の井穴から合穴までを、水が生じ、流れをつくり、よどみ、大きな流れとなって、海にそそぐという、5つの水の形態にたとえ、それにちなむ名前になっているツボもある。

■井
井穴。水が地上に湧き出したところ。少沢、湧泉など。

■榮
榮穴。水が勢い良く流れくだるところ。前谷、然谷など。

■兪
兪穴。いくつかの流れがそそぎこみ、力を蓄えるところ。太淵、太渓など。

■経
経穴。ゆったりした流れが大地をめぐっていくところ。陽渓、支溝など

■合
合穴。川と川、海が合流するところ。少海、小海など。

*豆知識*奇穴はそれぞれ名称をもち、位置も定まっています。原則的に経脈上には位置しませんが、例外もあります。時代を経るに従って新しい奇穴が発見され数が増えています。阿是穴の阿是は、中国語の「阿、是」で、「ああ、そこそこ」というような意味です。押されて気持ちが良い場所を「そこだそこだ」と言っていたことに由来します。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る