不妊症

不妊症

結婚関係にあって避妊をせず、普通の性生活があるにもかかわらず、2〜3年を経ても妊娠しない状態を不妊症といいます。健康な

夫婦なら80%が1年以内、90%が2〜3年以内に妊娠するのが普通です。結婚してから全く妊娠しない状態を原発性不妊症、また、一度妊娠または出産をしてから不妊となった状態を続発性不妊症といいます。妊娠はするが、流産、早産、死産によってなかなか子供が得られない状態は不育症として区別しています。

不妊症の原因

妊娠が成立するためには、精子と卵子が正常な状態でつくられ、正常な受精能力を持つことが必要です。精子と卵子が出会うためには、卵管や子宮が正常な形と通過性をもっていなければなりません。したがって、このどこかに障害があると、不妊症の原因になります。

男性に原因のある不妊症

男性に精子減少症や無精子症があったり、精管や尿道の一部が閉じていたり、狭かったりして精子の通過障害を起こしたりすると、不妊の原因になります。精子は、通常、精液1ml中に6000万以上含まれています。1回に排出される精液量は約3mlくらいですが、この中に全く精子がいない場合はもちろんですが、1回の射精量が0.5ml以下だったり、1mlに精子が2000万以下だったりすると、妊娠は難しくなります。精子無力症やや精子死滅症は、停留睾丸、流行性耳下腺炎、精索静脈瘤、睾丸炎、その他男性性器の病気や高熱が継続する病気などが原因となることがあります。また、副睾丸や精管は炎症を起こしやすい箇所で、これらが炎症を起こすと、精子の通り道に障害が起きることが少なくありません。

女性に原因のある不妊症

最も多いのは、卵管に障害があるケースです。卵管がつまっていたり、狭かったりする卵管閉塞症と排卵障害が考えられます。卵管閉塞の原因としては、子宮内膜炎手術の後遺症、人工妊娠中絶の後などがあげられます。不妊症の婦人は、一般的に冷え症をともなっていることが多く、そのため頭痛、肩こり、腰痛、疲労感、生理不順、生理痛などの症状がしばしばみられます。また、冷え症を訴える人の多くは、全身の血液循環が悪いと考えられます。

●排卵障害

女性の場合、月経が始まると、視床下部からの指令があり、脳下垂体から卵子の成熟を促進させる卵胞刺激ホルモンが分泌されます。この刺激によって卵巣では卵胞ホルモンを分泌させ、卵子の成熟が脳に伝えられます。この作用によって脳下垂体から黄体ホルモンが分泌されて排卵が起こります。これが排卵のメカニズムですが、この流れのどこかでトラブルがあると排卵障害が起こります。そのために排卵がなくなると、妊娠することは不可能になります。排卵障害を起こす原因はいろいろありますが、中には、早発卵巣不全という、30代で卵巣の働きが止まってしまうものもあります。

●高プロラクチン血症

プロラクチンは、脳下垂体から分泌されるホルモンで、妊娠中と授乳期に多く分泌され、乳汁を多く出すための働きをします。授乳期中に無月経になるには、プロラクチンが排卵を抑制する性質を持っているためといわれます。脳下垂体の働きに少しでも異常があると、卵巣に異常がなくても排卵はなく、月経が止まってしまいます。

●心因性無排卵症

ストレスが原因で月経が止まってしまうことがあります。男性も女性も生殖機能には異常がないのにどうしても妊娠しない、ということが少なからずあります。このようなケースでは、積極的な治療方法はありません。したがって、排卵期をよくつかんで夫婦生活を行うように心がけ、同時に精神的ストレスを取り除くようにすることが大切です。

不妊症の光線治療

不妊症の可視総合光線療法では、光線照射によって冷え症を改善することが重要なポイントになります。妊娠および妊娠の継続には、子宮や卵巣などの局所的な機能だけでなく、全身の諸機能が正常に働かなければなりません。そのためには、全身的な治療によって血行をよくすることが必要です。光線照射による冷え症の改善は、体温の上昇とともに自律神経系やホルモン系統を全身的に調整します。その結果として妊娠が可能になったり、習慣化した流産や早産の予防につながります。

♢治療用カーボン:3001ー5000番、または3001ー4008番、3003ー6004番を用います。

♢光線照射部位:両足裏部⑦、両足首部①、両膝部②、腓腹筋部、腰部⑥(以上集光器使用せず)、左右下腹部(1号集光器使用)各5分間、後頭部③(1号集光器使用)5分間あるいは左右咽喉部④(2号集光器使用)各5分間。⑦①腓腹筋部②⑥などは冷えの程度に応じて照射時間を調整し、治療初期では、全体の照射時間を1時間以内とします。

●光線治療では一時的な陽性反応が現れる場合がありますが、副作用はなく、妊娠中に治療を行っても母体や胎児に悪影響は及びませんので、安心して治療できます。

●妊娠中も治療を続けることが大切です。つわりの予防、胎児の発育、安産にもよい影響を与えます。

●不妊症の原因疾患によっては光線治療だけでは治療困難な場合があります。このようなときは、産婦人科の適切な治療も並行して受けることが必要です。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る