五臓ー心・肺・脾・肝・腎

五臓

心・肺・脾・肝・腎のことをいいます。それぞれが機能をもち、互いが関連しあっています。器官の名称と働きの両方を示す名称と考えます。

心-神志と血脈をつかさどる

心は、全身に血を送り出します。心が正常に働くことで、血がからだのすみずみまで行きわたり、栄養分を届けることができます。ただし、どの器官に、どのくらいの血量を送るのかを決定するのは肝の役目とされます。心は肝の決定にしたがい、血のポンプとして働きます。

また、意識と精神(神志)をつかさどります。人間が、さまざまなことを考え、判断し、記憶し、行動にうつせるのは、心の機能によると考えます。心が正常に働かないと、そわそわと落ち着かなかったり、物忘れが増えたりします。

心ととくに強い結びつきをもっているのは、汗、顔、舌です。心の状態によって、汗の出方、顔色、舌の表面の状態や色が変わってくるといいます。例えば、心がよくはたらいていれば、顔の色つやもいいです。心が弱って血が足りなくなれば、青白くつやがない顔色になり、血がうまく動かせず、停滞すると顔色が青紫になることが多いとされています。

心のはたらき・・・意識や思考をつかさどり、血を循環させるとされます。

■意識と精神
思考や記憶、精神の状態は心がつかさどります。心と脳は強い結びつきがあるといわれています。

■血をめぐらす
血をからだのすみずみに送りだすポンプの役目をしています。

肝にためられていた血が、心に送られ、そこから全身にまわります、どの器官にどのくらい配分するかは肝が決めるとします。

心の状態は、顔色と舌の色にあらわれるとされます。状態がよくないと顔色も舌の色も悪くなります。

豆知識*心は精神活動を統括する神志がやどる臓であり、五臓六腑を統括しているとされるため、「君主の官」とよばれます。

肺ー呼吸・宣発と粛降・水のめぐりをつかさどる

肺は、呼吸を行います。

大気中の清らかな気(清気)をからだに吸い込み、体内をまわって汚れた気(濁気)を外に出します。
また、宣発と粛降とよばれる機能ももちます。宣発は、上に広げることです。拡散させて、全身にいきわたらせるはたらきがあります。粛降は逆に、下に降ろすことです。

肺の宣発機能のおかげで、体内の濁気は、上へ、外側へと運ばれていき、最終的に吐き出されます。

津液や栄養分が拡散して、全身に行きわたります。

からだを保護する役目をもつ衛気が、体表面にくまなく広がるのも、宣発のはたらきによります。

粛降は、大気から清らかな気を吸い込み、体内におろします。

これによって、清気、津液、栄養分がからだの下のほうに運ばれます。

宣発と粛降によって、体内の水分の動きも調節されています。

肺と強い結びつきがあるのは、涕(鼻水)、皮膚、体毛です。

肺が正常であれば、鼻水が外に流れ出すことはないです。皮膚や色つやがあります。

肺のはたらき・・・呼吸と水の動きをつかさどるとされます。宣発と粛降の機能もあります。

■呼吸
大気からきれいな気を吸い込み、からだの中から汚れた気を吐き出します。
■衛気
体表面に気(衛気)をいきわたらせて、からだを守ります。
■汗
汗腺の開閉を調節し、汗を出す役目。肺が弱ると汗をかきやすくなります。
■宣発
気や津液、栄養分など全身に広げて、行きわたらせる機能があります。
■粛降
気や津液などを上から下におろし、また、気道をきれいにする機能があります。気を吸い込むのは粛降のはたらきです。
■水のめぐりを調節
脾からまわってきた水分を全身に運ぶとされています。一部は汗になり、不必要な水分は膀胱から排泄します。

肺の状態は、皮膚と体毛、鼻にあわられるとされます。状態がよくないと、皮膚が荒れてがさがさになり、毛にはつやがなくなり、鼻水やくしゃみがでます。血が全身から肺に集まってくると考えられます。

豆知識*脾の運化機能がうまくはたらかないと痰が生じます。痰は上にのぼって肺にたまるため、宣発と粛降の作用が失調して、せきや痰がでるようになります。このため肺は「貯痰の器」といわれます。

脾のはたらき・・・消化・吸収をつかさどり、内臓や栄養分などを持ち上げる、血が漏れないようにする機能があります。

脾ー運化・昇清・統血をつかさどる

東洋医学では、脾は、消化・吸収を調節する臓器です。

飲食物(水穀)から、栄養分(精微)を作り出し、全身に送ることを、水穀の運化といいます。

消化と吸収自体は小腸と胃が行うが、それは脾の運化機能で制御されます。

また、からだの中で余った水分を肺と腎に送り、汗と尿として排泄させるのも運化機能です。
脾はさまざまなものを上に持ち上げる機能(昇清)ももちます。

昇清によって、栄養分をからだの上のほうへのぼらせます。

さらに、内臓が落ちないようにあげていると考えられます。また、血が血管の外に漏れださないようにしている統血という機能ももつため、脾が弱ると出血しやすくなるといわれます。

脾と結びつきが強いのは、よだれ(唾液)と肌肉(筋肉)、口と唇です。筋肉がやせてきたり、唇の色つやが悪いと、脾が弱っていると考えられます。
脾が悪くなると、味覚にも影響し、口が甘い、苦いなどの異常があらわれます。

■胃
飲食物をまぜてすりつぶします。脾がコントロールするとされています。

■昇清
持ち上げる機能で、栄養分や水分が小腸から脾、肺へと上に移動できるのは、昇清機能のおかげです。

■小腸
飲食物から栄養分と不要物を分別、栄養分は脾に、不要物は大腸、腎、膀胱へと送ります。これらの動きは脾がコントロールするとされています。

■統血
血が血管から外に漏れださないようにする統血という機能をもちます。

脾の状態は唇と口、筋肉の肉の部分にあらわれるとされます。状態がよくないと、味覚がおかしくなり、唇の色が悪くなり、手足の力がなくなります。

小腸から受け取った飲食物から栄養分を肺へと移動させます。栄養分は肺から全身へとめぐっていきます。

豆知識*脾には水液を循環させる、「水液の運化」機能があるが、これが弱くなると、水液が体内に停滞し、湿、痰、飲が生じてしまいます。

このため脾は「生痰の源」ともいわれます。

肝のはたらき・・・気を全身に移動させることと、血をためて、どこにどのくらいの血量を送るかを決める機能をもつとされています。

肝ー気機を調節し蔵血する

東洋医学では、肝は全身の気と血の動きにかかわる機能をもつとされています。
肝は、気が広がって移動していく疏泄と呼ばれる機能をもっています。

気は、体内をのぼったりおりたり、組織に入ったり出たりしています。

このような気の動き(気機)を肝が調節しています。
肝の調子がよければ、気の動きもスムーズになります。

気の動きが正常であれば、血も正常に動きます。脾と胃の消化吸収も気の動きによって促進されます。イライラする、うつうつする、怒るなどの感情も気の動きとかかわっています。

さらに、肝は血を貯蔵し、からだのどの部位がどのくらいの血量を必要としているかを判断し、適度な量の血を供給する機能(蔵血機能)をもつと考えられています。

肝と強い結びつきがあるのは、筋(腱・靭帯など)、爪、目です。肝に異常があると、涙の量が変化したり、筋に力がなくなったり、爪がでこぼこに変形することがあります。

肝の状態は爪や目、筋(腱・靭帯)にあらわれるとされています。状態がよくないと、爪が変形したり、目が疲れやすくなったり、手足に力が入らなくなります。

■疏泄
全身に広がっていく気の動きを調節する機能です。気がスムーズに動いていれば、血の動きも正常で、脾・胃もよくはたらくと考えられています。
■蔵血
血を貯蔵し、からだのさまざまな部位がどのくらいの血量を必要としているか判断する機能です。実際に血を動かすのは心の役目です。

豆知識*肝は血をめぐらし、蔵血します。起きているときは、肝によって血が全身にめぐっているが、眠ると血の一部は肝に戻り、蔵血されます。

腎のはたらき・・・精を貯蔵し、水分代謝を調節し、吸気を腎におさめるという機能があるとされています。

腎ー蔵精・主水・納気をつかさどる

腎は、蔵精といって精をためておく機能があります。精は人体の各種機能をささえる基本物質です。腎の中の精は、成長、発育、生殖に深くかかわり、同時に生命活動の源となります。

また、全身の水分の代謝を調節する主水という機能もあります。

正常な状態では、水分は胃に入り、脾によって肺に運ばれ、そこから全身に行きわたり、汚れたら汗と尿になって排泄されると考えられています。

腎が水分の集収・排泄のバランスを調節しています。

肺が吸い込んだ気を腎におさめるはたらき(納気)も行っています。

納気することで、肺は次の新しい気を吸い込むことができます。

健康法でよくとりあげられる腹式呼吸は、納気作用を鍛えて、腎を活性化すると考えられています。

腎がよくはたらけば、腎の中の精気も充実してきます。

腎と強いつながりがあるのは、耳と二陰(外生殖器と肛門)です。

年をとって耳が遠くなるのは、腎が衰えてくるからだといわれています。

腎の状態は髪や耳、骨(歯)にあらわれるとされます。状態がよくないと、髪につやがなくなり、耳の聞こえが悪くなり、歯が抜けたりします。

■納気
吸い込まれたきれいな気を肺から腎におろす機能です。これによって、肺はさらに吸うことができます。
■主水
水の代謝を調節する機能です。水分は全身から腎に集まってきて、分別されると考えられます。必要ない水分は膀胱から排泄します。
■蔵精
精をためておく機能です。腎にある精を腎精といいます。精は成長や生殖にかかわり、生命活動の源と考えられています。

豆知識*腎の精は、骨の中にある髄を生じます。髄は骨髄と脊髄に分けられます。脊髄は上部で脳につながっています。脳は髄が集まってできていると考えるので、別名「髄海」ともいいます。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る