五臓六腑とは何か

臓象学説

・・・それぞれの臓と強くかかわっていのるで、からだの表面の特定の部位を観察すれば、五臓の健康状態を推測できると考える学説です。

五臓と六腑は互いに関連している

東洋医学では、人体の内臓器官を五臓六腑で表現します。五臓は心・肺・脾・肝・腎、六腑は小腸・大腸・胃・胆・膀胱・三焦です。西洋医学の臓器名と似ていますが、示しているものは、もっと広いです。単なる臓器の名前ではなく、臓器の働きによって生じます。さまざまな現象も含んだ呼び方です。
六腑は飲食物から栄養分を取り出します。その栄養分大気から取り込んだ気をもとにして、五臓が気・血・津液・精という、生きていく上で欠かせない要素をつくり、貯蔵します。五臓と六腑は密接に関連し、バランスを取り合っています。また、心と小腸、肺と大腸、脾と胃、肝と胆、腎と膀胱はそれぞれ互いに対となっていて、どちらかが病気になると片方に異常がおきやすくなります。

各臓腑の働きと奇恒の腑

東洋医学では、心は全身に血液を送り、精神や意識、思考を制御しているとします。肺は呼吸を行い、気をつくります。気や津液を全身に上げて行きわたらせる機能と、押し下げる機能があります。体内の水の動きも調節しています。脾は消化と吸収を制御し、吸収した栄養分を全身に送ります。水分の吸収と全身への輸送も行っています。また、さまざまなものをからだの上のほうに押し上げたり、血が漏れるのを防ぐ機能もあります。肝は全身の気の動きを調節しているとします。また、血のため、全身に送る血量を調節しています。感情を安定させる働きもあります。腎は精をためています。水分の貯蔵や分布、排泄を調節します。気を肺から下げて腎におさめることで、スムーズに呼吸できます。

東洋医学では、口から膀胱、肛門までが1本の管になっていると考えます、この管の部分が六腑で、小腸・大腸・胃・胆・膀胱・三焦をさします。口から食物が入り、消化し、栄養分を吸収しながら、下におろしていき、肛門と膀胱から外に出します。

なお、脳、髄、骨、脈、胆、女子胞(子宮)の6つは奇恒の腑といいます。奇恒の腑は、機能は五臓に似るが、形態は六腑に似ています。けれども、飲食物を運ぶことはなく、胆以外は他の臓腑と対になっていません。臓でも腑でもない、異なった腑とされています。

五臓六腑が異常をおこすと、そこと連絡した体の表面の部分に、特定の症状があらわれます。これを外候といいます。特定の部位や竅(穴)にあらわる症状から、五臓六腑の営みが正常か異常かを判断する学説を臓象学説といいます。

五臓六腑・・・東洋医学では人体の内臓器官を五臓六腑と表現します。

五臓は心・肺・脾・肝・腎。六腑は小腸・大腸・胃・胆・膀胱・三焦。臓腑の名称であり、東洋医学的に考えられる臓腑の働きにつけられた呼び名でもあります。それぞれの臓と腑は対になっています。

■心
全身に血を送る。意識や精神もつかさどる。

■肝
血を貯蔵し、全身への配分を決定する。全身の気の動きを調節する。

■肺
呼吸をする。全身の水分のめぐりを調節する。気や津液などを押し上げる、押し下げる。

■脾
消化・吸収をする。栄養分と水分を全身に送る。栄養分や内臓を持ち上げる。

■腎
精を貯蔵し、必要に応じて配分する。水分の代謝を調節する。肺が吸い込んだ気を、腎まで下げる。

□三焦
全身の津液の通路で、上焦・中焦・下焦に分かれる。臓器と臓器のすきまをさす。

□胆
胆汁を貯蔵し、必要があれば排出して消化を助ける。

□胃
飲食物をざっと消化する。脾の働きを助けて消化・吸収を調節する。

□小腸
胃から送られてきた飲食物を栄養分と不要物に分ける。

□大腸
小腸から送られてきた不要物から水分を吸収し、大便を排泄する。

□膀胱
腎から送られてきた水分(尿)をためておき、腎の決定にしたがって排泄する。

♦︎奇恒の腑

五臓六腑とは異なる。脳、髄、骨、脈、胆、女子胞(子宮)の6つ。

「心の華は顔にあり、血脈を充たし、舌に開竅(かいきょう)する」といいます。心の変調は顔の色にあらわれ、血脈を満たす働きがあり、舌の異常で変調がわかるという意味です。

胆は飲食物の消化を助ける胆汁を貯蔵・分泌するが六腑の1つに入れられています。しかし、貯蔵の機能はないという腑の性質に反しているために、奇恒の腑ともされています。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る