五行説と五臓六腑

五行説

漢の時代に陰陽説と結びつき、陰陽五行説となりました。暦をはじめ中国のさまざまな思想や民間信仰の源の1つとなっています。

五行相生説

五行説は古代中国で生まれた世界観です。五臓六腑の相互関係を五行説から考える方法もあるので、基本的な概念を説明します。
五行説では、宇宙に存在するすべてのものを5つの要素、木・火・土・金・水にわけます。5つの要素は互いに影響しあい、ある要素から別の要素へと循環します。自然、社会、人間のからだの状態といったあらゆるものが、五行の循環法則に従って変化します。
木・・・植物が芽吹き、成長していく様子で、万物が生じる春の象徴です。
火・・・火が燃えている様子で、熱の性質をもちます。万物が成長する夏の象徴です。
土・・・大地を象徴し、万物を育て、保護します。季節の変わり目の象徴でもあり、四季それぞれとかかわります。
金・・・金属のように、堅固で鋭く光輝く性質をあらわします。収穫の季節・秋の象徴です。
木・・・泉から湧く水をあらわします。土中の水は万物を生み生命を育みます。冬の象徴です。
5つの要素それぞれが「生む、生まれる」の関係にあるとする考えを五行相生説といいます。木→火→土→金→水→木と循環し、それぞれの要素は次の相手を強めるように作用します。
木生火・・・木と木はこすれあって火を生じ、木を足すと火の勢いが強くなります。
火生土・・・火が燃えると灰と土が生じます。
土生金・・・土には鉱物(金属)が埋まっています。
金生水・・・金属は表面に水滴が生じます。
水生木・・・水は木を成長させます。

五行相克説

要素と要素が対立し、制御しあうと考える説を五行相克説といいます。
木克土・・・木は土に根をはって栄養分を吸収するので、土に勝ちます。
土克水・・・土は水を吸収し流れをせきとめるので、水に勝ちます。
火克金・・・火は金属を溶かし、金に勝ちます。
金克木・・・金属でできた刃物は木を切り倒すので木に勝ちます。
五臓六腑を五行説にあてはめると、肝と胆は木、心と小腸は火、脾と胃は土、肺と大腸は金、腎と膀胱は水となります。
それぞれの臓腑は、相生と相克の関係をもち、治療法にも取り入れられます。たとえば、木生火であるから、肝(木)は心(火)を生みます。心が弱ったら肝を助けることにより心が補強されます。しかし、五臓六腑の関係や症状、治療などすべてが五行説で説明されるわけではありません。

豆知識*五行説の木火土金水とは、人々が生活のなかでいつも使う5つの素材です。五行説の創案者といわれる雛衍(すうえん)は、王朝時代の必然性を五行相克説によって説明しました。
雛衍は、王の五行のうち1つの徳をもち、火水土木金の順で、より強い徳の王があらわれると王朝が交代するとしました。のちに、五行相生説が生まれ、自然現象にも応用されるようになりました。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る