八綱弁証で証を決める

八綱弁証

四診で得られた情報が8つの項目のどれにあてはまるか判断していくことで証を決める方法で、弁証法の基本になります。

八綱弁証は情報を整理する手段

東洋医学の医師は、四診で得られた情報をもとにして、患者のからだの状態を診断し、証を決めなければなりません。しかし、情報量が多く多様であると、どこから手をつけて考え、判断すればいいのかわからなくなってしまいます。そこで、集められた情報をシステマティックに処理していき、証に行き着く手順が必要となります。それが弁証法であり、代表的なものが八綱弁証です。八綱とは、表・裏・虚・実・寒・熱・陰・陽をさします。表裏・虚実・寒熱・陰陽とセットになっています。

八綱弁証の第1段階は、表裏弁証で、病位(病変のある部位)が表と裏のどちらであるかを判断します。表証は、病位が体表面にあります。裏証は、病位が臓腑、血脈、骨髄のようにからだの奥深いところにあります。実際には、表証のほとんどはかぜの初期症状で、ほかの病気は裏証です。この段階では、まだ病位が決まっただけで、具体的な治療方法はでてきません。

虚実、寒熱、陰陽の弁証

以降の弁証では、実際に治療治療方法が判断できるようになります。第2段階は虚実弁証です。虚証か実証かを判断するもので、正気と邪気、どちらが盛んで、どちらが衰えているかが証の名前となります。

気・血・津液・精のいずれかに異常がおきると、正気が十分につくれなくなり、不足します。これが虚証です。気が足りなければ気虚、体内の陽気が足りなければ陽虚となります。また、外邪が侵入して、からだの中で邪気が強くなった状態を実証といいます。寒邪が侵入すれば実寒となります。外邪がからだの裏まで侵入し、熱をもてば実熱となります。第3段階は寒熱弁証です。寒熱は病気の性質を寒と熱に区別する項目であり、陰陽のバランスの乱れが反映されます。陰が強い、あるいは陽が弱いと寒証であり、手足が冷たく、いつも寒さを感じます。陽が強い、あるいは陰が弱いと熱証であり、熱さを感じ、冷房や冷たい飲食物を好むようになります。

陰陽は八綱弁証を総括する項目です。すべての病気は陰陽のどちらかに分類できます。裏証・虚証・熱証が陽証です。証の立て方は複雑でわかりにくいと思われがちだが、八綱弁証は非常に整理されています。陰陽の項目は具体的に検討することはないので、基本的に表裏・虚実・寒熱の3項目について、どの証に属しているかを判断していけばいいです。

豆知識*六経弁証は風邪と寒邪による病気「傷寒」にもちいられます。『傷寒論』では発症の最初から、時間とともに変化していく症状を太陽病から厥陰病まで6つに分類しています。温病(熱邪がおこす強い感染症)であれば、衛気営血弁証を行います。熱邪がからだの奥を障害していくにつれ、衛分証、気分証、営分証、血分証と進行していきます。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る