問診②痛み

痛み

ただ痛いというだけではなく、どのように痛いのか、痛みの種類を知る必要があります。大きく実証の痛みと虚証の痛みにわけられます。

痛みに関する問診ーどこがどのように痛いか?

自覚症状で、もっともはっきり訴えられるのが痛みだろう。からだのどこが、どのように痛むかをくわしくたずねます。痛みにも2種類あって、実証の痛みと虚証の痛みがあります。風や湿、熱など外邪の侵入や、瘀血など気・血・津液の停滞などでは実証の痛み、体力が低下して気・血・津液の停滞などでは実証の痛み、体力が低下して気・血・津液・精が不足し、気や栄養分が供給できないと虚証の痛みがおこります。痛む部位にだけ原因があるとは限りません。からだの各部位は、経絡によって決まった臓腑につながっています。臓腑の病変が経絡を通じて、関係ないように思われる部位にあらわれているのかもしれません。東洋医学では、痛む部位から、病変がある臓腑と、その臓腑の状態を推測します。痛みの種類は、頭痛、胸痛、脇痛、胃痛、腹痛、腰痛、四肢痛にわけられます。また、痛みの性質から病気の原因を推測することもできます。一概に痛いといっても、張ったような感じがする、痛みとともに重たい感じがする、熱さや冷えをともなうなど、さまざまな痛みがあるのでくわしく症状を聞かなければなりません。張痛、重痛、刺痛、絞痛、掣痛、冷痛、灼痛、隠痛など10に分けられます。

痛みの部位と原因

■頭痛・・・実証の痛み:外邪の侵入や津液や血の停滞。陽気が頭部にのぼりすぎた。

虚証の痛み:気・血・津液・精のいずれかが不足し、頭部に十分に供給できない。

■胃痛・・・寒邪が侵入、消化不良、肝の気の侵入などで胃が変調。胃がある上腹部を院といい、院痛ともいいます。

■胸痛・・・陽気が不足。血や津液の停滞。寒邪や火邪のため心や肺が変調し、気の動きが停滞した。

■腰痛・・・実証の痛み:邪気が腰部の経脈に侵入。血の停滞が経脈に影響。

虚証の痛み:腎精の不足。冷えが強く、腎を温めて栄養を行きわたらせることができない。

■脇痛・・・肝か胆で、気が停滞したり、熱をもった。

■大腹痛(へそより上)・・・脾と胃の変調。

■少腹痛(小腹の両側)・・・肝の変調。

■小腹痛(へそより下部)・・・腎、膀胱、大腸、小腸、子宮の変調。

■四肢痛・・・肘と膝を中心に手足が痛む。

実証の痛み:関節や筋肉、経絡に邪気が侵入して、気と血の運行が妨げられた。

虚証の痛み:脾と胃のはたらきが悪く、栄養分が手足に行きわたらない。

豆知識*経脈は頭部で連絡しているため、頭痛のときは、その部位に関係する経脈を刺激すると改善されることがあります。後頭部からうなじが痛むと太陽経、額か眉のあたりが痛むと陽明経です。側頭部か目じりの外側が痛むと少陽経、頭全体、頭重、膨満感、自汗があれば太陰系、脳や歯が痛く、爪が青いと少陰経、頭頂部付近が痛み、気が上がり、吐き気があれば厥陰経です。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る