四診と弁証論法

東洋医学独自の考え方です。

患者の体質や病気の状態を総合的に判断したものです。証に合わせて治療方法が選ばれます。

証は東洋医学治療の基本

東洋医学の治療も西洋医学と同じく、診察→判断→治療方針の確定→実際の治療の順で行われます。東洋医学ではこの過程を弁証論治といい、理→法→方→穴→術、または理→法→方→薬と進みます。理は、病気の原因と状態を調べること、法は治療の方針を決めること、方、穴は実際の処方を決めることです。術は鍼灸による治療、薬は漢方薬による治療のことをさします。

弁証論治の弁証とは、証を決定することです。証は、東洋医学独自の概念で、からだ全体の状態や体質を総合的に評価したものです。東洋医学の治療は、証を決めることから始まります。証がわからないと具体的な治療をすることはできません。細かい診察で、からだやこころについてさまざまな情報を入手して証を決めていきます。証を決めるための診察法は、望診、聞診、問診、切診の四診です。四診で収集する情報は幅広いです。現時点での病気とは関係ないような情報でも、全身の体質を判断するうえで必要となることもあります。西洋医学よりも自覚症状に重点をおくのも東洋医学の特徴でしょう。医師は四診をしながら自覚症状を適確に聞き出さなければなりません。四診によってバラバラに得られた情報を総合的に分析し、統一体観をはじめとする東洋医学理論にてらしあわせて、証が決定されます。

弁証論治はひとりひとりで異なる

証が決まれば、それに合わせた治療が行われます。これを論治といいます。論治は、証に基づくため、各個人の体質や症状に合わせて行われます。何人かが同じように風邪をひいても、体質や病気の進み具合が違えば、一人ずつ証が異なる場合があります。西洋医学ではみな同じ風邪薬を処方するかもしれないが、東洋医学では、証ごとに論治が違うので、薬や治療法がひとりひとり違ってきます。このように同じ病気でも、証が違うために、異なる治療が施されることを同病異治といいます。また、病気は違っても証が同じであれば、治療も同じになります。これを異病同治といいます。たとえば、内臓下垂と脱肛は違う病気ではあるが、どちらも気が足りずに臓器を支えられないのが原因と考えられるため、気を補う治療をします。弁証法には何種類かがあります。それぞれ異なる視点をもつので、病人の状態に合わせて適切な弁証法が用いられます。一般には、まず八綱弁証を用いることが多いです。複雑な証であるなら、適宜、ほかの弁証法を使って細かい部分を補完していきます。

四診

■望診・・・目で観察します。体型や動き方、とくに顔面をみ、舌の状態をみる舌診もあります。

■聞診・・・声や呼吸音、話し方、せきの音などを聞き、口臭や体臭をかぎます。

■問診・・・痛み、熱など自覚症状や食欲、睡眠の具合、既往歴など、さまざまな質問をして情報を集めます。

■切診・・・患者に触れて診察し、脈を調べる脈診や腹部を調べる腹診があります。

豆知識*もともとの中国語の「聞」は、音を聞くの意味だったが、その後「(においを)かぐ」の意味もつきました。現在では、一般的に「聞く」の中国語は听、「かぐ」が聞です。中医学には八綱弁証のほかに、六淫弁証、臓腑弁証、気血弁証、経絡弁証、六経弁証、衛気営血弁証、三焦弁証などの弁証法があります。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る