変形性膝関節症

変形性膝関節症

膝の内側が痛い、正座ができない、歩き始めやイスから立つときに痛い、階段の昇降時、特に降りるとき痛いー中年を過ぎると、こうした訴えが多くなります。このような症状を示す膝関節の大部分は変形性膝関節症といってよいでしょう。このような症状は肥満や過剰な労働と深い関係があり、比較的女性に多くみられます。日常生活に注意して、適切な可視総合光線療法を行うことが望まれます。

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症は、非炎症性で軟骨の変形から始まるといわれています。しかし、この軟骨の変形がどうして始まるのか、まだ解明されていません。原因不明の一次性変形性膝関節症と炎症や外傷後、あるいは半月板や靭帯損傷などが原因で起こる二次性変形性膝関節症に分類されますが、ここでは、一次性のものについて解説します。

日本人にはO脚(内反膝)が多く、膝の内側に症状があり、レントゲン写真でも膝の内側に病変が多くみられます。その上、中高年にNあると、関節の支持機構として重要な筋力(特に大腿四頭筋)が低下し、さらに体重も増えて膝への負担が増加します。こうしたことが、一次性変形性膝関節症の原因と考えられます。

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症は、従来、単なる老化現象の一つと考えられてきました。確かに、命にかかわるような重大な疾患とはいえませんが、治療をおろそかにすると、長期にわたって社会的活動および日常生活に障害をもたらします。症状は、発症のごく早期では、長く正座していると痛くなるという程度です。まれに膝窩部(膝の裏側)外側に、引っ張られるような痛みを訴えることがあります。関節の腫脹、水腫(水がたまる)も比較的早期からみられる症状の一つで、そのための腫れ感を訴えることもあります。これらの症状は、早期から起こり継続することが多く、天候の良し悪し、気温の寒暖によって影響を受けることが少なくありません。大腿四頭筋など下肢の筋力低下、筋萎縮も早期からみられ、病変が進むにつれて著しくなってきます。次第に、歩行時痛、歩き始めや階段の昇降時痛(特に降りるとき)、坐位から立ち上がるときの痛みを訴えるようになります。病変の進んだ症例では、正座不能、膝が完全に伸びにくくなる、また曲がりも十分でなくなるなども一般的な症状の一つです。また、内反膝(O脚)を起こすものが多く、痛みはしだいに膝の内側に限って現れるようになり、歩行時の痛みが著しくなります。

変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症は寒冷時にさらに悪化します。したがって、急性期には安静を保つとともに、冬期の長時間にわたる外出を避け、保温に留意することが必要です。また、長時間立ったままでいたり、凹凸の多い道の歩行、階段の昇降などは極力控えます。肥満は、本症の発生やさらに悪化させる原因の一つです。肥満は膝に大きな負担をかけ、日常生活のあらゆる動作に影響を与えます。減量は計画的に行い、できるだけ標準体重に近づける必要があります。減量するだけで疼痛が著しく軽減し、正座が可能になったという病例もあります。変形性膝関節症には、大腿四頭筋の萎縮、筋力低下の明らかな症例が多くみられます。こうした例では、機能訓練を行うことによって、大腿四頭筋を強化することが重要になります。訓練の方法には、下図の運動や高いイスに腰かけ、膝を伸ばしたまま下肢全体を引き上げる、垂らした下腿をよく動かす、足首に砂袋などおもり(男性で約3〜4kg、女性で約2kg)を巻きつけてこれを持ち上げるようにするなどの運動があります。ただし、症状が進行していて膝が完全に伸びず曲がりも不十分な状態ではかえって筋肉に負担がかかり、痛みの原因となり、関節症を強めます。また、膝蓋骨と大腿顆部との関節ー膝蓋大腿関節の関節症の場合には、機能訓練が関節症を強める結果になりますので控えるようにします。入浴は、一般に痛みを和らげるために、比較的長い時間になりがちですが、入浴後に痛みが増強する場合がありますので、長時間の入浴は避けるようにします。

変形性膝関節症の光線治療

菓子総合光線療法を行う場合、初期は陽性反応に注意し症状によって1日おき、あるいは2日おきに治療します。また、寒い時期は暖かい時期より少し長めの時間、光線治療を行うようにします。

♢治療用カーボン:急性の場合は3001ー5000番、3001ー5000番、1000ー3005番、または4001ー4009番を用います。

♢光線照射部位:両足裏部⑦、両膝部②、腰部⑥各5〜10分間、腹部⑤5分間(以上集光器使用せず)。照射時間は症状と経過により加減します。膝痛が強いときは必ず1号集光器を使用して痛む膝に10〜20分間追加照射します。

なお、ここでは変形性膝関節症について述べましたが、膝痛を起こす病気は、このほかにも慢性関節リウマチなど数多くあります。それぞれ病気によって、治療用カーボン、治療期間、日常の注意事項などは多少違ってきますので、正しく診断して正しく治療することが重要です。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る