夏の診療を終えて p.s.中秋節

みなさまには日頃よりご愛顧賜り心より感謝申し上げます。

今年はおかしな夏でしたね。
梅雨明けは長崎を含む九州北部では7月29日と、大変梅雨が長かったですね。
その分、夏が後にずれ込んで、涼しくなるのが遅いのかと思えば、9月初めより急に冷えてきました。
9月1日の最高気温は27度と、前日の8月31日の最高気温32度から一気に5度も落ち、明け方とても寒かったのを覚えています。

このように天候に異変が起こると人の体も調子が狂い、不調を訴える人が多くなります。

東洋医学の古典では、夏には脾が弱ると言われています。
脾とは消化器全般を指します。簡単に言えば胃腸のことですね。
さらに夏にはその脾が亢進するとも言われています。
亢進とは盛んになっている状態ですね。

夏はついつい食べ過ぎてしまいませんか?

夏には胃腸が弱いのにも関わらず、盛んになってしまって胃腸を壊してしまうのですね。
胃腸を壊すと、腰や膝が痛くなります。

今夏は腰や膝の不調を訴え来院される方がとても多かったです。
それは天候の異常もあり、胃腸が特に弱りやすかったのでしょうね。

腰や膝に限らず、体の不調は食生活に左右される部分がとても大きいです。
その食生活の部分も直してあげないと、いくら治療が効いてもまたぶり返します。

さくら鍼灸整骨院では、病だけでなく、からだ全体、環境も含めた大局観で診察、治療を行います。
指圧や鍼などの施術もさることながら、食のアドバイス、生活で心がけるポイントのアドバイスをします。

秋は季節の変わり目で体調がどうしても崩れやすいです。
肝心なのは、崩れたとしてもすぐに立ち直してあげること。そして崩れにくい健康なからだを作ることです。

からだの不調は身体、そして健康というものをもう一度見直すチャンスです。

不調を覚えた時にはご相談ください。
どんなお悩みでも、東洋医学でわかりやすくお答えします^^

p.s.

本日は中秋です。お月見ですね!
中国から友人が日本へ帰ってきています。
いつまで日本にいるのかと聞けば、2週間もいるというのです。
中国では旧正月と並び、中秋節には長い休暇があるそうです。
日本では考えられない長期休暇ですね。

長崎中華街では中秋節ということで、たくさんのランタン灯りが盛大に祝われています!

そして長崎でオススメの中華料理店はこちら!ぜひ訪れてみてください^^
中華菜館 福壽

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る