実際の弁証例①せきがでる

表証

外邪が体表や鼻、口から侵入するときにあわられます。発熱、鼻水などが急にあらわれ、すぐに裏証に進みます。かぜの初期症状がほとんどです。

昨日から強いせきが治まらない

四診によって得られたデータを使ってどのように証をたてていくのか、実際の症状からいくつか弁証を試してみよう。

まず、せきがひどい17歳の女性の例です。昨日から、かなり強いせきがでるようになりました。寒気があり、熱がでてのどが痛く、汗は出ていません。鼻水は色が薄くさらさらしています。痰は白く、水のようです。ふだんからかぜをひきやすいということはなく、慢性の病気もないです。舌をみると、舌本体(舌質)は健康な人と変わらないが、薄い白色の舌苔が一面についていました。脈は、浮緊(軽く触れただけでとれる張りつめた脈)でした。これらの情報から八綱弁証をしてみます。最初は、病気の原因がからだの表側にあるか、内側にあるかを確認する表裏弁証を行います。

寒気がする、発熱がある、慢性の病気はない、浮脈がみられることから、病邪がからだの内部に侵入していない、表証と考えられます。

2番目は虚実弁証です。もし虚証であれば、正気が足りないために、汗腺が開きっぱなしになってしまい、非常に汗をかきやすくなっているはずです。また、すきま風などちょっとした冷気にあたっても不快感をおぼえるはずです。しかし、これらの症状はないため、虚証が否定され、実証と考えられます。すなわち、これは外邪によるものです。

3番目に寒熱弁証を行います。鼻水や痰に粘りがなく、舌苔が白色、脈も速くなっておらず、からだが冷えており、寒証と判断できます。すべてを合わせると、この女性の証は、表実寒証といえます。

体表面にいる寒邪が肺に影響をおよぼしはじめた

次に、病気が存在する部分(病位)はどこかを考えてみます。症状の原因である寒邪は、からだの表面にあります。しかし、強いせき、鼻水や痰は、肺に病変があるときの症状であり、すでに寒邪が肺をおかしはじめたと考えられます。そのため、肺が気を送る機能がうまくいかなくなり、強いできがでてしまいます。また、津液をめぐらす機能も落ちているので、津液が集まって痰となっています。肺とのかかわりが深い鼻とのどにも影響が出ています。呼吸器系の症状では、痰が出ているかどうか、出ているとしたら色、量、粘りけを確認することが判断の鍵となります。この女性には三拗湯合嗽散が処方され、2日で回復しました。鍼灸では合谷、列欠、大椎、肺兪などのツボを使うといいです。

豆知識*弁証法にもいろいろあり、四診で得られる情報は非常に多彩であるため、どのように証を決めていけばいいか、混乱することもあります。基本は八綱弁証で、病気の大まかなようすを把握します。八綱弁証のあと、外邪はかかわっているか、気血の状態はどうか、臓腑や経絡の機能に異常がないかと、視点を変えた弁証法を使用して、からだの状態を総合的に判断し、証をたてます。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る