実際の弁証例②耳鳴り

腹脹

張って痛むことを脹痛といって、気が滞るとおこりやすいです。とくに、腹が張って痛むのが腹脹です。脾と胃のはたらきが悪いとおきます。

耳鳴りがひどくなってきて、おなかが張る

耳鳴りに苦しむ28歳の女性の例です。耳鳴りは半年ほど続いています。最初は気にならなかったが、少しずつひどくなっています。とくに、疲れたり、かがんだり立ち上がったりするときにひどくなります。耳の中が、からっぽに感じることもあります。ふだんから疲れやすく、力が入りません。あまり食べられず苦しく、ときどきゆるい便がでます。顔色は黄色みがかっており、舌診では、舌本体(舌質)は痰(赤みが弱い)、舌苔は薄い白色、脈は弱脈(力がなく細い)でした。

まず、からだの表に症状があるかどうかを判断する表裏弁証を行います。この女性の場合、かぜをひいておらず、熱や汗などからだの表面にあらわれた症状がないため、すぐに裏証と判断できます。

2番目に虚実弁証を行います。疲れやすく、無力感があることから、虚証が考えられます。とくに耳の症状は、実証だと耳が詰まった感じ、虚証だと耳の中がからっぽに感じることが多いとされます。

次に寒熱弁証を行います。からだが冷えていたり、熱がこもっていたりすると思われる症状はなく、中間の平証となります。

八綱弁証の結果、この女性は裏虚平証とされます。

脾が弱っているとめまいや耳鳴りがおこる

症状の原因はどの臓器にあるのかを症状から考えてみましょう。食が細い、食後に腹脹(腹が張って痛む)がある、ときに便がゆるい、という症状から、消化機能の中心となっている脾と胃のはらたきが弱ってしまった脾胃虚弱といえるでしょう。また、疲れやすい、全身に力が入らない、顔色が黄色っぽい、脈が弱い、舌の色が淡いことから、気が弱くなっている気虚、もしくは、気も血も少なくなっている気血両虚と考えられます。

脾には、気や血、栄養分をからだの上方向に上げる機能があります。この機能が弱り、頭部や顔面に気と血がのぼらずに不足すると、かがんだり立ち上がるときに耳鳴りやめまいがおこるとされています。疲労すると症状が悪化するのは、疲れて気を消耗するために気虚がひどくなるからでしょう。耳鳴りがだんだん強くなったのは、脾気虚が続いた結果、血虚になりはじめたからと考えられます。

この女性には脾と胃を強くするために人参養栄湯を処方し、10日ほどで回復しました。鍼灸では脾兪、胃兪、百会、足三里、三陰交、耳門などのツボを使うといいです。

豆知識*病邪が強くかかわっているようならば、六淫弁証で病邪の種類を決めます。気と血の機能や循環に問題があるようであれば気血弁証、臓腑の変調からくる症状があれば臓腑弁証を行います。実際の弁証例では、おもに八綱弁証について説明しているが、変調がおきている場所については臓腑弁証で、変調の原因について気血津液弁証で特定しています。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る