実際の弁証例③不眠とめまい

痰熱

痰が熱を帯びて痰熱になると、非常に粘り、なかなか痰が切れません。あちこち移動し、神志を痛めるなど、からだを障害します。

不眠に悩み、飲酒の翌日には胸苦しく、めまいもある

不眠に悩む48歳の男性の場合をみてみましょう。ここ2か月ほど、眠りが浅く、いろいろな夢をみて熟睡できません。そのため、昼間にも眠気が残り、仕事に差し支えるようになりました。少し多めに飲酒をすると、翌日は胃がつかえたり、胸苦しくなったり、げっぷがよくでます。また、ふだんからめまいを感じるが、血圧は正常といわれています。舌診で舌をみてみると、舌本体(舌質)は紅(赤みが強い)、舌苔は黄色くて粘つきがある黄膩でした。脈象は、滑数(なめらかで速い脈)と診断されました。

まず、表裏弁証を行います。かぜをひいておらず、からだの表側にはとくに症状がなく、すぐに裏証と判断できました。

2番目に虚実弁証を行います。粘つく舌苔や滑数の脈は実証に多い症状なので、実証が予想されます。念のために、疲れやすい、息切れがある、だるい、力が入らない、顔色が悪い、脈が弱いといった、虚証にでやすい症状があるかどうかを確認しました。そのような症状はないという答えであり、実証と判断できます。

次に寒熱弁証を行います。黄色い舌苔と脈が速くなるのは、熱証の特徴です。

これらの結果から、この男性は裏実熱証という証になります。

飲酒と喫煙で生じた痰熱が不眠やめまいをおこす

どの臓腑に病気の原因があるのか、症状からみてみましょう。多めに飲酒した日の翌日に、げっぷがでたり、胃がつかえる症状がでるということは、胃の中の飲食物を小腸へおろす降濁の機能、あるいは、脾と胃の昇降の機能が悪くなっていると考えられます。過度の飲酒をすると、津液が停滞して湿や痰を生じ、そこに熱がこもって、からだを痛めやすくなります。よく聞いてみると、毎日、喫煙し、せきや痰もあるといいます。そこで、熱がこもった痰、痰熱があると予想できます。この男性は、飲酒によって、痰熱が悪化している可能性が高いです。痰熱が心にやどる神志に影響したため、精神が落ち着かず、不眠となり、痰熱が胸部に影響して、胸苦しい、胃がつかえるという症状がでたと考えられます。さらに、痰が中焦に存在するために、気がうまくまわらず、めまいがおこるのだろう。

この男性には痰熱をなくし、心の熱をさまし、脾・胃の調節を目的に、黄連温胆湯が処方され、7日ほどで回復にむかいました。また、飲酒や喫煙を減らすように指導しました。鍼灸では豊隆、内庭、神門、公孫、百会などのツボを使うといいです。

豆知識*耳鳴りの原因は特定できないことも多いです。心理的な苦痛が大きい場合には、西洋医学では、小さな音を長時間聴くことで、耳鳴りに慣れて苦痛を減らす音響療法という方法もあります。酒類はすべて熱性の性質をもつ飲み物とされます。アルコール度数が高ければ高いほど熱の性質は強いため、飲酒量が多い人は体内に熱がこもりやすいです。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る