慢性腎不全(尿毒症)

慢性腎不全(尿毒症)

種々の原因により腎臓の機能が低下すると、腎不全に陥り、尿毒症になることがあります。尿毒症になると透析療法(血液透析、腹膜透析)や腎移植などの治療が必要となりますが、近年透析療法を受ける患者数が増加の一途をたどっています。また、透析導入年齢の高齢化も目立っており、ここにも高齢化社会の影響が現れています。

腎臓の働き

腎臓は左右一対の臓器で、腰骨の上あたりの背中側に位置しています。右の腎臓は肝臓の下にあるため、左の腎臓より少し低い位置にあります。大きさは手拳大で、重さは125g前後です。腎臓には毛細血管の集まりである糸球体という血液を濾過する組織があり、その数は左右で約100万個ずつあります。糸球体で血液を濾過するには心臓から多量の血液を腎臓に送る必要があります。心臓から送り出す血液の約25%が糸球体に送られますが、この血液が糸球体を通過することによって、血液中の老廃物や不要な物質が濾過されて、原尿(100〜150ℓ/日)がつくられます。この原尿は尿細管という組織を通過する時に、水分、ブドウ糖、ナトリウムやカリウムなどの電解質など、からだに必要な成分が再吸収され、不要なものが尿(1〜1.5ℓ/日)となって膀胱に送られ排泄されます。腎機能が低下すると糸球体濾過値(GFR)が下がり血中クレアチニン値や尿素窒素値が上昇します。

慢性腎不全の症状

慢性腎不全の症状は、疲労感、食欲不振、悪心、嘔吐などで、症状の進行により種々の症状が起こります。

⑴皮膚症状

皮膚は乾燥し、黒ずんだ色調で、かゆみ、出血斑はみられることがあります。

⑵消化器症状

食欲不振、悪心、嘔吐などは、早い時期からみられる一般的な消化器症状です。口腔では口内乾燥、口臭(アンモニア臭)がみられ、胃では萎縮性胃炎が多くみられます。便秘や下痢などの症状があり、進行すると消化管粘膜に出血し、吐血、下血もみられます。

⑶循環器症状

腎不全では循環器系の症状が非常に起こりやすく、また、腎不全患者の最大の死因の一つになっています。症状としては、むくみ、高血圧、心肥大、心不全、肺水腫などがみられます。

⑷免疫異常

免疫機能の低下により感染症をおこしやすくなります。栄養状態の低下、心不全などによる肺への水貯留が原因となり呼吸器感染症を起こしたり、尿量の減少により尿路感染症を起こします。また、免疫機能の低下は、悪性腫瘍の発生につながります。

⑸造血器症状

腎不全貧血がみられます。さらに消化管出血、栄養障害などによる鉄欠乏性貧血もみられます。

⑹その他症状

骨(異所性石灰沈着、骨軟化症)、内分泌(2次性副甲状腺機能亢進)、眼(網膜症)、耳(難聴)などに障害がみられます。

このように、慢性腎不全では、からだのあらゆる臓器が障害を受けるため、さまざまな症状を起こします。

慢性腎不全の治療

尿毒症の治療は、人工透析と食事療法が基本的な治療です。したがって、可視総合光線療法は、透析療法を補助する治療となります。可視総合光線療法は、透析療法の代わりはできませんが、可視総合光線療法の多くの作用により、症状が軽減し、さらに種々の合併症を少しでも予防することができ、社会復帰の助けとなれば、治療の意義があると考えられます。透析患者の中で職業に付いていない人の比率が以前より増加していますが、その理由として、体調が悪い、高齢のためというケースが目立ちます。このような結果は、患者の高齢化および家族の問題(引っ込み思案にさせてしまう)や長期透析患者では、感染症の予防と気力の充実をはかることが重要な対策となります。

糖尿病による腎不全

近年、糖尿病による腎不全が増加しています。これは飽食の時代を反映して糖尿病自体が増加している結果と思われます。糖尿病による中等度の慢性腎不全では、栄養状態の悪化や感染症の合併によって糖尿病のコントロールが悪くなった場合、急速に腎不全が進行して尿毒症となり、人工透析が必要な状態になります。この場合、透析療法で腎不全を治療しながら、血糖値のコントロールと合併症の治療を行うことで、一部の患者では一時的に透析を中止できる場合があります。このような状況のとき、医療機関における治療に加えて可視総合光線療法を併用すれば、透析導入までの期間を少しでも長くすることが可能になると考えられます。

慢性腎不全の光線治療

♢治療用カーボン:3000ー5000番、または5002ー5002番、1000ー3002番を用います。

♢光線照射部位:両足裏部⑦、両足首部①、両膝部②(以上集光器使用せず)各5〜10分間。後頭部③(1号または2号集光器使用)各5分間あるいは左右咽喉部④(2号集光器使用)各5分間が基本治療です。

●透析患者は貧血や動脈硬化などによりからだが冷えやすいので、冷える場合は治療を1日2回、特に冷える⑦①②を十分に照射します。

●食欲不振や胃の調子が悪いときは背正中部(1号集光器使用)を10分間追加照射します。

●不眠には治療用カーボン3002ー5000番で前額部(2号集光器使用)を5〜10分間追加照射します。

●皮膚のかゆみには、患部を各5〜10分間照射します。範囲が広い場合は集光器を使用しないで照射し、局所に限られているときは1号集光器を使用して照射します。かゆみにも腎不全の治療用カーボン3000ー5000番や3002ー5000番を用いますが、かゆみが強いときは、4000ー4009番を用います。

●腰痛がある場合は、腰部⑥(集光器使用せず)あるいは腰上部(1号集光器使用)を5〜10分間追加照射します。関節痛には患部(1号または2号集光器使用)を各5〜10分間照射します。腎不全の治療用カーボンを用いますが、患部のみ3001ー4008番を用いる場合もあります。

●咳・痰がよく出る場合は、④各5分間の照射と肩胛骨間部(1号集光器使用)10分間の追加照射をします。

●透析患者は貧血のため、輸血を何度も受けることがありますが、輸血による肝臓障害も多くみられます。この障害があるときは、1000ー3001番、4001ー6001番を用いて、肝臓部(2号集光器使用)、背正中部(1号集光器使用)を各10分間照射します。

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

 

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る