更年期障害

更年期障害

国際的に、更年期とは、「女性の生殖期から生殖不能期への移行期」とされています。年齢的に40〜56歳頃、特に42〜55歳頃といわれています。更年期は、成人病(生活習慣病)の発生時期と一致するため、種々の症状が起こりますが、更年期に起こる不定愁訴を更年期障害と呼んでいます。不定愁訴とは、「訴えが自覚症状だけであるか、あるいは他覚所見があっても、それと本人の訴える症状とのあいだに因果関係を証明することができないようなもの」をいいます。更年期に多い不定愁訴は、肩こり、腰痛、頭痛、頭重、疲れ、めまい、のぼせ、不眠、動悸、物忘れ、憂鬱、冷え症など多彩です。

更年期障害の成因

女性の内分泌、自律神経、情動(情緒)の各系は、相互に関連しあいながら、からだの内外の変化に対応し、調和が保たれています。老化による卵巣からの卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌低下、環境の変化、心理的ストレスなどがあると、その調和は乱れ、各系に関係する不定愁訴を自覚するようになります。女性の場合は、幼年期、初潮、思春期、性成熟期、老年期というライフサイクルの変遷が比較的明らかであり、それぞれの時期に応じて前記したような各系の調和が乱れやすく、そのため不定愁訴が起こりやすいといえます。

更年期障害は、卵胞ホルモンの分泌が低下していく時期に起こりますが、このホルモンの不足が不定愁訴を生じさせるわけではありません。脳にある内分泌中枢の老化による変化が、同じ部位にある自律神経中枢にも影響を及ぼします。この自律神経系の変調が、更年期の不定愁訴を生じさせることになります。これらの症状は、更年期の女性のほとんどに現れますが、それを異常と感じ重症感を持つかどうかはそれぞれの人の気質や性格に関連しているようです。

更年期障害になりやすい人

更年期障害になる人の体質は、無力性体質であることが非常に多く、胃下垂や内臓下垂、冷え症などがあって、神経質な完璧主義者、内向的孤立型、趣味がない一途型などが多く、自律神経系の働きも不安定になりやすいという特徴がみられます。一方、自律神経系の働きが安定している女性では、更年期の不定愁訴は起こりません。したがって、更年期障害は、更年期の女性のすべてに起こるわけではなく、約半数に認められるにすぎません。

心因性更年期障害

心因的原因が強く働いて起こるものを、心因性更年期障害といいます。更年期になった女性は、性機能を喪失してしまったと感じて、女性としての価値や生きるための心の支えを失い、不安や緊張が絶えず働き、これがからだを緊張させて更年期に不定愁訴を生じさせます。これは、女性の心身症の一つにあげられています。

更年期障害の不定愁訴(症状)

⑴内分泌系愁訴・・・月経異常、性器出血、帯下、膣掻痒感など

⑵血管運動系愁訴・・・のぼせ、発汗、熱感(ほてり)・冷感、動悸、胸部圧迫感、血圧の高低など

⑶精神神経系愁訴・・・頭重、頭痛、めまい、冷え、耳鳴り、浅眠、不眠、倦怠感、イライラ、物忘れ、飛蚊、眠重・痛、嗄声、咽頭痛など

⑷運動器系愁訴・・・肩・首こり、腰痛、腰重、腹痛、肩背痛、関節痛、筋肉痛など

⑸消化器系愁訴・・・吐き気、嘔吐、胃・腸痛、腹鳴、下痢、便秘など

⑹泌尿器系愁訴・・・頻尿、遺尿、残尿、排尿痛など

⑺皮膚・分泌系愁訴・・・皮膚の色素沈着、掻痒感、多毛、口内乾燥感、唾液分泌増加など

⑻知覚系愁訴・・・しびれ、知覚過敏、知覚鈍麻、蟻走感など

⑼新陳代謝系愁訴・・・肥満、やせなど

更年期障害の光線治療

更年期障害の治療は、その障害の起こり方から明らかなように、自律神経系を安定させることが第一です。このためには、家族の理解と生きがいのある生活を送ることが、更年期を克服するコツといえます。若いうちから心身の安定化を身につけることが望ましく、その上で年齢に見合った、バランスのとれた生活を心がけるべきです。

●光線治療

自律神経失調症は、血流の減少を招き、皮膚温の低下、つまり冷え症につながります。更年期障害の多くは、冷え症をともないますので、まず、可視総合光線療法でからだをいつも温かい状態になるようにしておくことが大切です。それが、不定愁訴を自然に軽減させていくことになります。また、女性の場合は、そのライフサイクルから、不定愁訴は、更年期に限らず、それ以前においても起こりやすいと考えられますので、そのようなときにも可視総合光線療法を役立て、さらに更年期障害の予防のためにも定期的に治療を継続することが大切です。成熟期の女性の卵巣を何らかの理由で摘出した場合にも、「卵巣欠落症状」という人工的な更年期障害がみられることがあります。このようなときにも早めに光線治療を行うことが大切です。

♢治療用カーボン:不定愁訴に痛みが含まれている場合は3001ー3001番、あるいは3001ー5000番、3001ー4008番などを用います。痛みがない場合は、3000ー5000番、5002ー5002番、4000ー6004番を用います。

♢光線照射部位:基本的な照射は、両足裏部⑦、両足首部①、両膝部②(以上集光器使用せず)を各5〜10分間、腹部⑤、腰部⑥(以上集光器使用せず)、後頭部③(1号集光器使用)を各5分間ですが、冷えの程度によって照射時間を延長します。胃下垂などがある場合は、⑤の代わりに左右下腹部(1号集光器使用)を照射します。このほかに、各症状の強い部位は、それにあった治療用カーボンで、集光器を使用して5〜15分間照射します。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る