望診 まずは目で観察

顔色

望診で大事なのは顔をよくみることです。皮膚の色が変わっていたり発疹ができている部位から、どの臓腑が病気か判断できるといいます。

顔をみるだけでも、さまざまなことがわかる

望診は、患者が診察室へ入ってきたときから始まります。医師は、体型、体格、顔色、肌のつや、姿勢、歩き方など全身の動きに異常がないかチェックします。このように目で観察する診断を望診といいます。

顔色が白いと、気・血が足りなかったり、正常に動いていないと考えます。青色だと寒邪が侵入して、気と血が滞っています。健康な人の顔色を常色、病気になっている人の顔色を病色といいます。病色には青、赤、黄、白、黒の5色があり、五行色体表にもとづいて、関連する臓腑の異常をあらわすとされます。また、顔面の部位それぞれは、特定の臓腑と強く結びついているため、臓腑に異常があると、顔面にも変化があります。

顔の望診では、目の観察がとくに大切です。目が生き生きと活発に動いていれば、臓腑も弱っていないと考えられます。まぶたが赤く腫れている場合は、脾が熱をもっています。目がおちくぼんでいれば、津液に異常があることが多いです。唇の色が薄いのは、気と血の不足が多いです。青いのは寒邪が侵入していたり、気が動かず肝のはたらきが弱っています。紫色は血が滞り、瘀血ができています。体型が頑丈に見えれば、五臓がよくはたらいているはずです。太っているが、色白で肌につやがなく、元気がなくみえる人は、陽気が不足しているか、津液が滞っていることが多いです。痩せていて顔色も青白く、皮膚がかさかさしている人は、血が不足していることが多いです。望診のなかでも舌をみる舌診は、東洋医学では重要な診断法であり、次項で解説します。

分泌物などの望診と子どもの指紋

必要があれば、鼻水や痰、尿や大便も望診します。鼻が詰まって水のような鼻水が出るのは、かぜで肺が障害を受けた場合が多いです。黄色く粘りのある鼻水はからだに熱がこもっています。一般的に、排泄物の色が薄いと寒が強く、黄色く濁っていると熱がこもっているとされます。子どもはじっとしているのが難しいので、望診しにくいです。そのかわりに、指紋で望診ができます。3歳以下の子どもでは、人差し指の指紋を観察します。子どもの場合、人差し指の内側の皮膚はうすく、指紋がはっきりみえます。医師は、子どもの人差し指のつけねを左手の人差し指と親指で握ります。子どもの人差し指の内側を、指先からつけねに向かって2〜3回こすり、指紋を浮きあがらせます。正常な指紋の色は淡紅色です。

豆知識*鼻の頭やその周囲が充血したり、赤いぶつぶつができるのは肺と胃に熱があります。髪が薄く、とかすと抜ける、乾燥しているときは精と血の不足であることが多いです。五行説にもとづいて、肌の色を青赤黄白黒に分類し、望診することを五色診といいます。五色の変化は顔面にもっともはっきりあらわれるので、顔色の望診が大切となります。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る