東洋医学の歴史③日本での東洋医学発展と衰退

方証相対

江戸時代中期の名医、吉益東洞が考案しました。特定の症状に特定の処方を対応させる、わかりやすい治療システムです。

曲直瀬道三が完成させた日本式の東洋医学

日本では、朝鮮半島経由、あるいは、遣隋使や遣唐使によって7世紀ごろ中国から直接に、中国伝統医学が伝えられました。大宝律令(701年)では「医疾令」という医療制度が制定されたが、唐の制度にならったもので、医学教育の教科書も中国のものが使われました。

平安時代には、中国の医学書を日本人が使いやすいように編纂するようになりました。代表的なものは丹波康頼の『医心方』(984年)で日本最古の医書といわれます。隋、唐、朝鮮の医書類からの引用で構成されています。

中国の医書をもとに、日本の医学も発展していったが、室町時代に成ると中国(明)にわたって医術を学ぶ医師があらわれました。

戦国時代の曲直瀬道三は、各地の戦国大名、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康にも重んじられた名医です。明にわたって李朱医学を修めた田代三喜に師事しました。その後、弁証論治による診断法と治療をまとめた『啓迪集』を著し、中国医学を日本向けに整え、江戸時代まで引き継がれました。

江戸時代初期、ちょうど中国で、『傷寒論』が再評価されるようになり、日本でも儒学者を中心に古典への傾倒がおこりました。原典である『傷寒論』を重視する流派を古方派といいます。これに対して、宋・金・元の時代の医学を重視する流派を後世派といいます。

方証相対の誕生と日本の漢方医学の衰退

江戸時代中期には、中国伝来の東洋医学は日本式に大きく変化しました。古方派の吉益東洞は、方証相対という理論を構築しました。東洋医学の基礎となる陰陽説や五行説は客観的な判断には使えないと考え、症状ごとに決まった処方をあてはめて、理論より実践を重んじました。

方証相対は日本中に広まり、江戸時代後期に曲直瀬流の医学はいったん衰退します。しかし、幕府につかえる医師たちは、宋時代の医学を基礎にした、考証学派を構築していきます。

幕末から明治にかけて活躍した浅田宗伯は、最後の漢方医学者といわれています。方証相対と考証学派の両方の医学を修め、幅広い視野をもち、幕府の要人や海外の公使の治療を行いました。江戸中期の『解体新書』の出版以来、オランダ医学が日本の医学の主流になっていきました。さらに、明治政府はドイツ医学を正式に採用したため、漢方医学は正統の医学としては扱われなくなりました。

日本の医学史年表

古墳時代〜奈良時代(?〜784) 413 新羅より医師・金武が来日して天皇の病気を治す。
459 高麗から医師・徳来が来日し、代々、難波に住むようになる。
554 百済から採薬師が来日。
701 大宝律令制定。「医疾令」が公布される。
平安時代(794〜1191ごろ) 808 出雲広貞、安倍真直らが『大同類聚方』を編纂。日本初の医書。
984 丹波康頼が『医心方』を著す。現存する日本最古の医書。
鎌倉時代(1185ごろ〜1333) 1303ごろ 梶原性全が医学全書の『頓医抄』を編纂。
室町時代(1336ごろ〜1573ごろ) 1498 田代三喜が李東垣、朱震享の医学を学んで明より帰国。
安土・桃山時代(1568ごろ〜1600ごろ) 1574 曲直瀬道三が『啓迪集』を著す。他に『切紙』『薬性能毒』など。啓迪院をもうけて医学教育の場とする。
江戸時代(1603〜1867) 1703 夏井透玄の『経脈図説』が死後、弟子の手で出版される。
1709 貝原益軒が『大和本草』を著する。
江戸中期 古方派の先駆者、後藤艮山が活躍。「一気留滞説」を提唱。香川修庵、山脇東洋はじめ多くの門人を育てた。
1722 幕府、小石川薬園内に養生所をもうける。
1759 山脇東洋が『蔵志』を著す。日本最初の人体解剖記録。
1765 吉益東洞が『類聚方』を刊行。「万病一毒説」をとなえ、考証学派を広めた。
1765 多紀元孝が躋寿館(医学館)をおこし、考証学派を広めた。
1774 前野良沢、杉田玄白らが『解体新書』を翻訳・刊行。
1806 多紀元簡が『素問識』を著す。徳川家斉の侍医もつとめる。
1853 浅田宗伯が『脈法私言』を著す。幕府の侍医として活躍するほか、フランス公使ロッシュの難病も治療した。
明治・大正(1868〜1926) 1895 帝国議会において漢方医学存続の議案否決。
1910 和田啓十郎が『医界之鉄椎』を著し、漢方復興が高まる。
昭和(1926〜1989) 1957 小太郎漢方製薬が漢方エキス製剤の生産を始める。
1967 医療用漢方製剤が健康保険適応となる。
平成(1989〜) 2001 医学部におけるコアカリキュラムに和漢薬の項目が入る。

豆知識*方証相対は方証一致ともいわれます。証の名前が直接、処方の名前となるため、たとえば葛根湯証という言い方をします。これは中医学の証の名称とは異なります。『解体新書』はドイツ人医師クルムス著で、オランダ語訳が『タートル・アナトミア』。杉田玄白はオランダ語を解さず、翻訳作業の中心は前野良沢だったといわれています。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る