東洋医学記事のもくじ

第1章 東洋医学の基礎知識

  1. アジアで生まれた伝統医学
  2. 東洋医学の統一体観
  3. なぜ病気になるのか
  4. 気・血・津液・精
  5. 気の概念
  6. 気が不足すると病気になる
  7. 血と津液について
  8. 精と神
  9. 気・血・津液の変調① 気の変調
  10. 気・血・津液の変調② 血の変調
  11. 気・血・津液の変調③ 津液の変調
  12. 精の不足
  13. 五臓六腑とは何か
  14. 五臓ー心・肺・脾・肝・腎
  15. 六腑ー胆・胃・大腸・小腸・膀胱・三焦
  16. 五行説と五臓六腑
  17. 五臓の変調① 心の変調
  18. 五臓の変調② 肺の変調
  19. 五臓の変調③ 脾の変調
  20. 五臓の変調④ 肝の変調
  21. 五臓の変調⑤ 腎の変調
  22. 六腑の変調
  23. 五臓の色体表
  24. 五臓関連図
  25. 3種類の病因
  26. 病因① 外因
  27. 病因② 内因
  28. 病因③ 不内外因
  29. column アメリカの鍼灸事情

第2章 診察法と証

  1. 四診と弁証論治
  2. 八綱弁証で証を決める
  3. 望診 まずは目で観察
  4. 舌診 舌をみてわかること
  5. 聞診 聞くこと、においをかぐこと
  6. 問診① 熱と汗
  7. 問診② 痛み
  8. 問診③ 飲食、睡眠、排泄
  9. 問診④ 問診表で五臓をチェック
  10. 切診① 脈をみる脈診
  11. 切診② 腹部に触れる腹診
  12. 虚証と実証
  13. 虚証6種類
  14. 実証6種類
  15. 治療方法は治則にしたがう
  16. 実際の弁証例① せきがでる
  17. 実際の弁証例② 耳鳴り
  18. 実際の弁証例③ 不眠とめまい
  19. column イギリスの鍼灸事情

第3章 経絡とツボ

  1. 気と血の通り道、経絡
  2. おもな経絡
  3. 正経十二経脈
  4. 経絡とツボの関係は?
  5. 鍼灸治療とは
  6. WHO認定の鍼灸適応症
  7. 治療によく使われるツボ
  8. ツボの名前と奇穴
  9. 耳ツボ療法
  10. 鍼治療① 治療に使う鍼の種類
  11. 鍼治療② 鍼の手技
  12. 鍼治療③ 鍼と漢方薬
  13. 灸治療① もぐさがゆっくり燃える灸
  14. 灸治療②灸の効果
  15. 手技療法① マッサージ
  16. 手技療法② 按摩と指圧
  17. 吸玉療法
  18. column ヨーロッパ諸国の鍼灸事情

第4章 漢方薬と薬膳

  1. 漢方薬は東洋医学の治療薬
  2. 証と漢方薬
  3. 漢方薬が効果的な症状と病気
  4. 服用期間と副作用
  5. 漢方薬の処方① 補気剤
  6. 漢方薬の処方② 補血剤
  7. 漢方薬の処方③ 補陰剤
  8. 漢方薬の処方④ 補陽剤
  9. 漢方薬を試してみようと思ったら
  10. 薬食同源(医食同源)① 五性と五味
  11. 薬食同源(医食同源)② 薬膳
  12. column アーユルヴェータなどの伝統医学

第5章 日本における東洋医学の可能性と将来

  1. 気功と太極拳
  2. 緩和医療現場での鍼灸
  3. 透析治療の症状を鍼で緩和する
  4. 鍼治療による誤嚥性肺炎と転倒の予防
  5. 人間ドックと東洋医学
  6. 脳血管障害の後遺症を鍼治療で改善
  7. 鍼刺激の脳への作用研究最前線
  8. 医学部における鍼灸医療教育への取り組み
  9. 美容鍼灸
  10. 褥瘡と歯科での鍼治療
  11. スポーツ鍼灸
  12. 鍼灸師になるためには
  13. 東洋医学の歴史① 中国伝統医学の原典
  14. 東洋医学の歴史② 中国の歴代名医たち
  15. 東洋医学の歴史③ 日本での東洋医学発展と衰退
  16. 東洋医学の歴史④ 日本と中国の現状

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る