気と血の通り道、経絡

経絡診断法

経絡が通っている部分の皮膚やツボを観察したり、皮膚をこすって違和感がないかを調べ、連絡している臓腑の不調を探ります。

からだにはりめぐらされた気と血の通路

経絡は、東洋医学独特の考え方です。経絡について理解していないと、鍼灸治療をすることはできません。気と血がめぐる通路のことを経絡といいます。臓腑、組織、筋肉、皮膚などをつなぎ、からだの隅々を通って、すべての機能を調節しています。人体が統一体として機能できるのは、経絡が全身を連絡しているからです。人体を解剖しても経絡という部位は見つかりません。経絡は血管でもリンパ管でも神経系でもありません。しかし、それらすべての役割をになっている存在です。

経絡には経脈と絡脈があります。経脈は太い枝でからだの縦方向にのびます。絡脈は経脈から分かれた細い枝で、からだの横方向にのびて、網の目のようにはりめぐらされているとされます。

気と血を通し、病邪の移動路にもなる

すべての組織・器官は、気と血が十分にめぐってくることで正常に機能しています。経絡が詰まって気と血が動かなければ、たちどころに影響がでます。また、臓と腑のようにペアとなる部位や組織がバランスよく機能しているのは、互いを経絡が連絡しているからだと考えられます。また、経絡は外邪からからだを守っています。外邪が皮膚にとりつくと、からだを守る気である衛気が体表面を強くするため、絡脈の中に集まります。すると外邪が侵入しにくくなります。ただし、ひとたび外邪の侵入を許すと、外邪は経絡を通って、体表面からからだの奥深くに移動していきます。ある器官が病気になると、経絡でつながっているほかの器官も同じ病気になりやすくなります。からだのどこかが病気になると、連絡している部位に症状があらわれます。たとえば肝が病気になると、脇の下や下腹部が痛み、目が腫れて痛むことがあります。これは、肝と脇の下、下腹部、目が経絡でつながっているからです。からだの奥にある臓腑の状態は、外側からではわかりません。しかし、観察しやすいからだの表面に異常があらわれれば、その部分と経絡でつながっている臓腑が変調したのではないかと推測できます。これを経絡診断法といいます。経絡上のツボにも症状がでます。からだの内部と体表面とを連絡している経絡を使えば、からだの外側から治療することができます。鍼灸で経絡を刺激し、気と血の移動を導くと、それが臓腑に伝わります。そのおかげで正気が強められたり、陰陽のバランスがとれて、症状が改善すると考えられます。

経絡を使った治療

顔で歯や額にのび、胃を通って足の第2指までのびている経絡(足陽明胃経)

ツボ(足三里):胃のはたらきがよくなる。

ツボ(衝陽):食欲不振や顔面のまひに効果がある。

ツボ(内庭):上の歯の痛みを抑える。

手の人さし指から、腕と肩を通り、顔面にのびている経絡(手陽明大腸経)

ツボ(温溜):下の歯の痛みを抑える。

ツボ(合谷):五十肩や頭痛に効果がある。

経絡上のツボを刺激すると、刺激は経絡を伝わっていきます。経絡のコースと、連絡している部位がわかっていれば、治療する部分と離れたところのあるツボを刺激することで、治療が可能になります。

経絡がからだの各部をつなぐ

1本1本の経絡は、手足の先や頭部などで連絡しあっているので、全体をみると、頭部、臓腑、手、臓腑、足とつながり、循環していることになります。経絡には陽経と陰経の2種類があります。

豆知識*経絡の経は、径のことで、まっすぐな道の意味があります。絡には網の意味があります。体表面に侵入した外邪は、絡→経→腑→臓の順でからだの奥深くに進行していくとされます。経絡系統は経脈と絡脈に構成されます。経脈には、十二経脈、奇経八脈、十二経別、十二経筋、十二皮部があります。絡脈には十五絡脈と浮絡があります。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る