気・血・血液・精

気・血・津液・精とは人体を構成する要素であり、気は人体を循環するエネルギーです。血は組織に栄養を供給します。津液は体内をうるおします。精は活力源です。

正気を決める4つの要素

抵抗力、治療力などである正気とは、いったい何なのでしょう。東洋医学では正気を決めるのは、気・血・津液・精の4つの総合的な働きと考えます。4つがバランス良く、正常に循環していれば正気が充実し、病気にかかりにくいです。
気・血・津液・精は人体を構成する基本要素です。4つの要素が体内を巡ることで生命活動が維持されています。

気・・・生命活動のエネルギー源となるもので、臓器や組織に影響を及ぼします。生まれたときには、両親から受け継いだ先天の精(精気)しか持っていない。それと自分自身で作り出した後天の精がいっしょになり、からだ全体のエネルギー源である元気(源気)となります。

血・・・水穀の精微が変化したもので、血管内の赤い液体(必ずしも血液ではない)をさす。赤血球や白血球などの区別ではない。栄養物や酵素と結合した血は全身をめぐり、組織に栄養を供給します。

津液・・・水穀の精微が変化したもので、体内に含まれる血以外のすべての水分、透明な水をさします。血は血管の中だけに存在するが、津液は組織の中にも浸透するし、涙や汗となって体外にも出ます。

気は、血と津液を合成し体内をめぐらせ、生命活動を維持します。気が体内で維持するためには、血が必要です。

気・血・津液・精が変調すると病気になる

気は実体がなく軽いものなので、変調を起こすと上昇しやすいです。気が上がると病気の症状が出ますが、反対に上昇しない場合も異常が出ます。気の量は、多すぎても少なすぎてもいけません。血と津液を正しくめぐらすことができなくなり、血や津液が足りなくなったり、停滞したりします。
血と津液が変調すると停滞して、症状が出る。また、血は必要に応じて気を生み出すので、組織によっては気が足りなくなることもあります。津液が不足すると、からだが乾いてきます。3つのうち、どれか一つのバランンスが乱れても病気につながります。気だけ、血だけと1つの要素が異常になるのではなく、複合的な乱れが同時に起こります。慢性病では気・血・津液・精のバランスが崩れていることが多いです。病気が悪化した場合には、気のめぐりが悪ければ内臓の働きを整える、血の流れが滞っているなら血液をきれいにする、津液が滞っているなら全身の水分代謝を良くするなど、気・血・津液・精のバランスが正常になるように治療します。

人体を構成する4つの要素

人体が生きて活動するためには、4つの要素が必要となります。要素それぞれは、別の要素に変化することもあります。お互いに協調しあって生命活動を維持しています。

■気
生命活動のエネルギー源となる。人体には4種類の気があるとされています。
■血
血脈中をめぐって栄養素を全身に運ぶ。血は血脈内にだけ存在します。
■津液
血以外のすべての水分。からだをすみずみまで潤す働きがあります。
■精
人体の活力源。生まれつき持つ先天の精と後で作られる後天の精があります。

■気の分布
4種類の気が全身に分布します。体表面の保護、栄養を運ぶ、からだを温める、体液の漏れを防ぐなどの働きがあります。
■血の働き
血は、血脈の中を津液とともに営気に押されて流れていき、全身に栄養分を運びます。
■津液の分布
全身に分布し、からだを潤しています。目や鼻、口の中も潤し、関節の動きを良くします。
■精の分布
ヘソの下にある腎にためられて、全身に広がり、人体を活動させます。精神状況にもにもかかわります。髄を作って骨や歯を強くします。

豆知識*肝の気は春に、心の気は夏に、脾の気は長夏、肺の気は秋に腎の気は冬に活発になります。暖かい、暑い、空気が乾燥、寒いと言う季節に合わせて五臓が活発になります。

豆知識*春夏は気血がなめらかに動き、体表に向かいます。そのため皮膚がゆるみ、汗が多く、尿が少ないです。秋冬は気血の動きが滞り、深く沈みます。そのため皮膚は引き締まり、汗は少なく、尿が多くなります。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る