漢方薬が効果的な症状と病気

未病

西洋医学の検査では異常が見られないが、からだの調子が悪くなりつつある状態のことです。

放っておくと病気の症状があらわれることもあります。

免疫力と体力を高め、未病もなおす

東洋医学の治療の基本は、正気を強くして、からだを襲ってくる邪気をはねつけられるようにすることです。

正気は基礎体力や免疫力と考えてもいいです。

つまり、漢方薬の治療は、体質を改善し、基礎体力や免疫力を高めることにとくに効果があるといえます。

西洋医学では診断名がつかない症状も、体質を改善すれば治ることもあります。

漢方が適している病気としては、からだの虚弱さによっておこる不調や体力の低下、年齢を重ねることによっておこるさまざまな症状、アレルギー疾患、精神的ストレスが原因でおこる不調、原因がわからない不快な症状や痛みなどがあげられます。
最近は、アトピー性皮膚炎や気管支ぜんそく、じんましんなど、アレルギー疾患の病気で漢方外来を訪れる人が増えています。

また、高血圧、糖尿病、脂質異常症など生活習慣病での受診も多いです。

漢方独自の考え方に未病というものがあります。

西洋医学の検査結果では病気になっていないけれども、病気の方向に向かいつつある、完全に健康とは言えない状態を未病といいます。

未病では、検査をしても異常が見つからないが、頭痛、耳鳴り、肩こり、だるい、朝起きられないなど何かしらの自覚症状があることが多いです。

東洋医学では、未病も治療の対象があるため、漢方薬が処方され、本格的な病気になる前に、治療することができます。

女性の病気に漢方薬が活躍する

さらに、女性特有の症状である、冷え、月経不順、月経前症候群、更年期障害などには、漢方薬に高い効果あることがわかっています。
妊娠中の女性に漢方薬が処方されることがあります。

かぜをひいたり、妊娠でおきる便秘や腰痛でつらくても、赤ちゃんへの影響を考えると、なかなか治療薬が使えません。

しかし、副作用が非常に少ない漢方薬であれば、安心して使用できることがあります。
漢方薬が女性特有の病気に強いのは、冷えや月経のトラブルが、気と血の変調から引き起こされていることが多いからです。

漢方薬でからだを整えることで、血の量が増えたり、血の停滞がなくなり、婦人科系の症状が改善されます。

気や血の流れを正常にすると、血の停滞が原因と考えられる肌のくすみやくま、肌荒れも解消されます。

最近では、美容の面からも、漢方薬が注目されるようになってきています。

漢方に向く病気の例

不定愁訴 自覚症状が一定ではなく、そのときどきによって変化するもの。疲れやすい、だるい、めまい、頭重、動悸、息切れ、下痢、肩こり、手足の冷え、不眠など。
未病 耳鳴りや肩こり、倦怠感自覚症状はあるが、検査をしても異常は見当たらないものです。
西洋医学では病気と診断されないもの 疲れやすい、いつも倦怠感がある、食欲不振、かぜをひきやすい、虚弱、自律神経失調症など。
慢性で長期間の治療が必要な病気 生活習慣病(高血圧、脂質異常症、動脈硬化、肥満症など)、アレルギー疾患(気管支ぜんそく、花粉症、じんましん、アトピー性皮膚炎)、認知症など。
女性特有の病気 月経前症候群(PMS)、月経不順、月経困難症、更年期障害など。

漢方に向かない病気の例

外科的な手術が必要な病気 けが、骨折、切除が必要な悪性腫瘍、虫垂炎、ヘルニアなど。
重症な感染症 インフルエンザ、肺炎、食中毒、腎盂腎炎など。

*表の病名は、目安としてあげたものです。漢方薬の治療を希望するときには、担当の医師に相談すること。

豆知識*更年期障害の治療ではホルモン剤を避け、漢方薬を希望する人も多いです。しかし、さまざまな疾患を考慮すべき年齢なので、症状がある場合は最初に西洋医学的な診断を受けるようにします。未病の概念そのものは漢の時代の『皇帝内経』に記されています。日本では貝原益軒の『養生訓』(江戸中期)に「未病」という言葉がでてきます。現在の中国では「亜健康」と呼んでいます。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る