白内障

白内障

高齢化社会を反映して老人性白内障は増加しています。60歳代では60〜70%、70歳代では80〜90%、80歳代ではほぼ100%の人が白内障にかかっているといわれます。眼の生活習慣病(成人病)といわれる白内障を予防するには、動脈硬化症、高血圧症、糖尿病などの生活習慣病(成人病)の予防と同様に、日頃から眼の養生に配慮するとともに可視総合光線療法の併用を積極的に取り入れることが重要です。

白内障は眼の生活習慣病

年をとるにつれて、眼の中の水晶体という組織が混濁して、視力が衰えてくる眼病が白内障です。白内障は「白そこひ」ともいわれています。カメラのレンズに相当する部分が水晶体で、本来無色透明なレンズですが、成分の変化によって濁りが徐々に生じてきます。水晶体が濁るはっきりした原因は不明ですが、先天的なもの、糖尿病などの代謝異常にともなうもの、眼の病気によるもの、外傷性のものなどがあります。しかし、白内障の約90%は年をとることによって起こる老人性白内障です。したがって、老人性白内障は動脈硬化症や高血圧症などの生活習慣病(成人病)と同様に眼の生活習慣病(成人病)ということができます。

白内障の症状と治療

白内障は初期には自覚症状は全くありません。その後徐々に「まぶしい」という症状が現れるようになります。さらに進行すると物がはっきり見えなくなってきます。白内障のため視力が徐々に低下すると、階段の昇降時、文字を読むとき、料理のとき、色を判断するときなど日常生活が不自由になってきます。現在の医療では、水晶体の混濁がかなり進んだ状態になると、水晶体の摘出手術が行われます。手術の時期については通常、眼科医が患者の生活の内容を考慮して決定しますが、急いで手術をする必要はありません。このようなとき、可視総合光線療法が大いに役立つことがあります。

可視総合光線療法は全身ならびに眼の局所の血行を改善することにより、眼球における老廃物の除去、酸素や栄養の補給など新陳代謝を高め、組織に活力を与えます。白内障の光線治療を続けていると混濁が少なくなったり、進行がゆっくりになることがあります。どのような生活習慣病(成人病)であっても、その進行を少しでも遅らせることが重要です。そのためには眼科医に定期的に通院しながら、眼の養生に配慮して、可視総合光線療法を継続することが大切です。

高齢者は白内障だけでなく高血圧症、糖尿病などの生活習慣病(成人病)にもかかりやすい傾向があります。米国における白内障の疫学研究では、高齢者で、血圧が高かったり、糖尿病があったりすると老人性白内障が発生しやすく、また進行しやすいことが示されています。この研究結果から、日頃から可視総合光線療法を実行しておくことは、白内障の治療に役立つだけでなく、ほかの生活習慣病(成人病)を予防することにもつながります。

白内障の光線治療

♢治療用カーボン:3001ー5000番または3001ー4008番を用います。

♢光線照射部位:両足裏部⑦、両膝部②(以上集光器使用せず)、肝臓部(2号集光器使用)、後頭部③(1号集光器使用)、眼・鼻部(1号または2号集光器使用)各5分間、または左右こめかみ部(2号集光器使用)各5分間治療します。できれば腹部⑤、腰部⑥(以上集光器使用せず)各5分間も治療するとよいでしょう。高血圧、糖尿病がある場合は、それぞれの光線治療を行い、眼に対する治療は3001ー5000番を使って、肝臓部、後頭部、眼・鼻部各5分間治療します。

※眼を治療する際の注意

眼・鼻部や左右こめかみ部を照射するときは、必ず眼を軽く閉じて照射距離は遠めにし、熱くないように行います。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る