眼の痛み

眼の痛み

人間にとって眼はたいへん重要な器官です。それだけに、眼に痛みを感じることは、患者に強い影響を与えます。

眼の痛みは、原因によって器質的なものと機能的なものとに分けることができます。器質的な眼の痛みとしては、眼瞼、結膜、角膜などの病気があり、機能的なものとしては眼精疲労、複視などによる眼の痛みや頭痛などがあります。

眼の疾患と痛み

痛みをともなう眼瞼の疾患では、皮膚の発赤、腫脹などの炎症症状があり、結膜、角膜の疾患では、眼脂(眼やに)、結膜の充血、異物感、流涙などがあります。緑内障による眼痛は眼圧の上昇によるもので、視力の低下と悪心(むかつき、吐き気)をともないます。眼の痛みだけで眼脂や流涙などのない場合は、眼精疲労の場合があります。

●麦粒腫

睫毛のそばにある脂腺、眼瞼の劍板腺に細菌が感染して眼瞼の一部が炎症を起こし、発赤腫脹して痛みが起こり、化膿します。一度罹患すると何回も発症することがあります。

●眼部帯状疱疹

右側または左側の前額部から上眼瞼の皮膚に小さい発疹や水疱ができ、この部位に神経痛が起こります。皮膚の発疹が結膜、角膜に及ぶと眼の痛みが起こったり、角膜が濁ることもあります。中年以上の人に発症することが多く、神経痛が長期にわたる場合もあります。

●結膜炎・角膜炎

結膜も角膜も、表面は外界に接しているために、細菌の感染を受けたり、ゴミや薬物・毒物などが眼に入ったりして結膜炎や角膜炎を起こします。結膜は、涙で常に湿っていますが、この涙は細菌の増殖を抑える力があります。細菌性結膜炎は、細菌の感染によって起こります。この菌には連鎖状球菌、ぶどう球菌、淋菌などがあります。眼脂は膿性になることもあり、結膜は充血する程度から角膜に潰瘍を起こして痛むものまでさまざまです。アレルギー性結膜炎は、結膜にアレルギー反応が起こったものです。炎症が起こり、かゆみ、流涙、眼脂が出ます。異物感があり、眼がごろごろして痛みをともないます。炎症が角膜に及ぶとまぶしさを感じます。コンタクトレンズ角膜症は、眼の痛みが主な症状です。コンタクトレンズ使用中やはずした後に激しい痛みが起こり、涙が出たり、視力低下は起きたりします。これは、コンタクトレンズによる酸素不足が原因で角膜の上皮剥離が起こるためです。

眼の痛みの光線治療

♢治療用カーボン:3001ー5000番、3001ー4008番、また3001ー3005番、3001ー5003番などを用います。帯状疱疹の場合は3001ー3002番で行います。

♢光線照射部位:両足裏部⑦、両膝部②、後頭部③、眼・鼻部、肝臓部。眼・鼻部を照射するときはまぶたを閉じ、照射距離は遠めにして行います。眼・鼻部を照射して良感のないときは、左こめかみ部、右こめかみ部を2号集光器を使用して照射します。

♢光線照射時間:各5〜10分間。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る