耳ツボ療法

耳ツボ

耳の特定の場所や耳ツボへの刺激は、からだの決まった部位に伝わります。刺激すると経絡にあるツボと同じ効果があります。

耳ツボを刺激することで全身の症状に効果がある

耳は、全身の組織や経絡と密接にかかわっていると考えられており、からだの特定の部分と対応しているエリアや、耳ツボ(反応点)が見つかっています。耳ツボは経絡にあるわけではないが、ツボ(経穴)と同じようにはたらく点のことです。耳ツボやエリアを刺激することで、連絡している臓腑や組織、器官の調子を整えることができます。耳専用の細い鍼を使ったり、小さなテープをはったり、マッサージをして、体調不良の緩和やダイエットなどの効果を期待するのが、いわゆる耳ツボ療法です。

耳ツボ療法は自分でも簡単にできます。耳ツボを刺激するためには、つまようじの頭などで刺激したり、エリアを指でもむだけでいいです。

たとえば、花粉症の時、鼻炎がつらいなら鼻と強くかかわる肺のエリアを刺激します。また、外鼻や内鼻といった耳ツボは鼻の炎症をやわらいでくれます。目がかゆかったり涙が多い場合には、目と強くかかわる肝のエリアを刺激します。目1や目2という耳ツボは、目にかかわる症状をやわらいでくれます。さらに鼻や目の炎症やアレルギーを抑える神門、風渓を加えると、効果はいっそういいです。

禁煙に効果があるという耳ツボもあります。タバコをくわえたくなる衝動を抑えるためには、肺と胃と口に該当するエリアは喫煙したという条件反射を、抑制または遮断するとされ、タバコを吸いたくなくなるといいます。また、神門を刺激すると、吸えないときのイライラ感がやわらぐといわれています。

耳ツボと胎児

耳の下のほうには顔や頭部、中央には上半身や臓腑、上には下半身に関係する耳ツボが集まっています。ちょうど耳に胎児がのったかのように配置されています。

豆知識*臓腑の変調が耳ツボにあらわれることがあるといいます。たとえば、胃炎や胃潰瘍ができたとき、耳ツボの胃の反応点に赤点や白色の点があらわれるとされます。一般に「足ツボマッサージ」で押している場所は、耳ツボと同じく、正穴ではないが臓腑にはたらきかけることができる反応点です。足の裏にある経脈につながったツボは湧泉だけです。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る