胃炎(胃カタル)

胃炎(胃カタル)

胃の病気の中で最も多いのが胃炎です。胃炎は、胃の内壁の粘膜に炎症を起こすものですが、原因や経過、炎症状態などによって急性胃炎と慢性胃炎に分けられます。日本では、慢性胃炎のような症状がある場合、胃を検査しても特別な以上がないものを神経性胃炎といいますが、近年、慢性胃炎は自覚症状との関係が少ないということが明らかになり、国際的にはNUD(non-ulcer dyspepsia)という概念が提唱されています。

急性胃炎の原因と症状

急性胃炎は、食事の不摂生によって起こることが多い病気です。暴飲暴食、腐敗した飲食物の摂取、よく噛まない、アルコール類の飲み過ぎなどが原因になります。また、アスピリンや強心剤などの服用による胃炎もあります。医売薬・家庭薬を内服する場合は、服薬の回数、時間など、指示や用法を守ることが必要です。また、食中毒や特定の食品に対する過敏症が誘因となる食物アレルギーによって起きたり、急性感染症によって起こる場合もあります。症状は、腹部の不快感から始まり、気分が悪くなります。食欲不振、口渇、悪心、嘔吐があり、吐き気が強いときは水を飲むこともできません。また胃部の膨張感が強く、痛みが起こる場合もあり、吐物に血液や胆汁がまざることもあります。便通は下痢や便秘するものがあります。劇薬を飲み込んだ場合は、直後に上腹部に激しい腹痛が起こります。原因がはっきりしていることが多いので診断は比較的容易です(食事性の場合は、ほとんど食後10時間以内に発症します)。

慢性胃炎の原因と症状

慢性胃炎は、急性胃炎と違い原因が明らかでないことが多く、急性から徐々に慢性に移行するもの、発症時から慢性のものがあります。

いくつかの原因が重なり起こると考えられ、その一つに飲酒やタバコなどで繰り返し刺激が加わるときに発症するケースがあります。症状は、一般に上腹部の不快感、食欲不振があり、胃部の膨満感、食後の腹痛、胸やけ、吐き気などがみられ、中には自覚症状が全くない場合もあります。慢性胃炎は、胃潰瘍や胃ガンとの鑑別が難しいことがあります。

胃炎の光線治療

急性胃炎は絶食したり、軽くて消化のよいものをとったり、安静を保つことが大切です。症状が激しい場合には、点滴を要することがあります。慢性胃炎は、炎症に陥った胃粘膜を愛護する食事療法を行います。酒、タバコを禁止し、炭水化物食品を多くとり症状が軽快したら魚肉などのたんぱく質を徐々に増量します。

●光線治療

♢治療用カーボン:3001ー5000番、3001ー4008番、または1000ー4001番を用います。

♢光線照射部位:両足裏部⑦、両膝部②、腹部⑤、腰部⑥(以上集光器使用せず)、背正中部、後頭部③(以上1号集光器使用)。

♢光線照射時間:急性の場合は各10分間照射します。1日2回行ってもよいでしょう。慢性の場合は各5〜10分間、1日1回照射します。⑤の代わりに左右下腹部(1号または2号集光器使用)を照射したほうがよいこともあります。

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る