舌診 舌をみてわかること

舌苔

健康な人でも舌苔はあるが、病気になると症状や原因に応じて舌苔の色や舌のかたちが変わり、診察すると多くの情報を得られます。

舌の色からわかること

舌をみる舌診は、東洋医学独特の診断法の1つです。舌診では、舌本体の色やかたちである舌質と、舌の表面に生えているコケのような舌苔の状態をみます。東洋医学では舌苔は胃の気が上昇して発生するものと考えます。舌診から得られる情報は多いです。体内の気と血のどちらかが多すぎるか少なすぎるか、病気がからだの表面にとどまっているか、奥深くまで侵入してしまっているか、病気がどのくらい進行しているか、病気の原因となっている邪気の種類や性質などがよみとれます。健康な人の舌は、淡紅色をしています。気が弱かったり、気と血が不足すると、舌の色がどんどん淡くなるとされます。熱がこもって気と血が激しくめぐるようになると、舌の色はより赤くなります。

舌苔と舌の形状

健康な人の舌には、舌の表面に、適度に湿って大きさのそろった薄い白色の舌苔がついています。舌苔の厚さからは、病気の程度や進行具合がわかるとされます。邪気がまだ体表面にあり、症状が軽ければ舌苔は薄いです。舌苔が厚くなるにつれて、邪気は深く進み、症状も重くなります。舌苔の色から、病気の性質がわかるとされます。白い舌苔は寒証をあらわします。黄色い舌苔は熱証をあらわし、濃い黄色ほど熱がひどいです。灰色の舌苔は熱がからだの内側に入っていたり、寒邪と湿邪が侵入している場合です。黒い舌苔はかなりの熱がこもっている状態で、病気が重なっていることを示します。舌苔の乾き具合は、津液の異常をあらわすと考えられます。津液が足りなかったり、気が足りず津液が舌までのぼらないと舌苔は乾きます。津液の動きが悪く、体内で停滞していると、触るとツルツルするぐらい水分が多い舌苔になります。細かくねっとりしてはがれにくい舌苔は、湿邪がこもっています。大きめではがれやすい舌苔は、食あたりなどで熱がからだにこもったものです。舌苔がとれて、舌の表面が鏡のようになめらかになったものは、胃が弱っている状態とされます。舌がむくんで大きくなるのは津液が停滞して痰になっていると思われます。舌の縁に歯形がついているのは、舌がかなりむくんでいます。反対に舌が薄いのは、気や血が不足しています。表面にはっきりと亀裂があるのは、津液が舌をうるおすことができない状態です。

舌のかたちなどの異常

□はん大舌・・・むくんで大きい。津液が停滞している。心と脾に熱がある場合も。

□痩薄舌・・・痩せて薄い。血の不足。赤く乾いているのは熱がこもっている。

□芒刺舌・・・舌にとげ状の隆起。とげがある場合と対応する臓腑に熱があることが多い。

□歪斜舌・・・舌が曲がる。脳血管障害の前兆であることが多い。

舌の色と不調の関係

■淡紅舌・薄い舌苔・・・正常な舌。薄いピンク色の舌。舌苔は薄く、舌の赤みが透けてみえる。

■紅舌・・・赤い。赤みが強い。からだに熱をこもっている。

■淡白舌・・・白っぽい。血が不足気味。

■紅舌・黄厚苔・・・赤い舌に、厚い黄色い舌苔。からだに熱がこもり、水分過多か水分代謝が悪い。

■淡紅舌・厚苔・・・舌の色は正常だが、舌苔が白くて厚い。水分過多。

■歯痕舌・・・舌に歯形がついている、輪郭が歯形ででこぼこしている。水分代謝が悪い。体力の低下も。

■瘀斑舌・・・濁った赤色。青色や紫色の部分がある。血液の循環が悪い。血が停滞して瘀血がある。

■淡紅舌・膩苔・腐苔・・・舌の色は正常だが、ねっとりした舌苔(膩苔)が盛り上がった舌苔(腐苔)がある。水分過多か循環障害で膩苔、未消化物が残っていると腐苔ができる。

■淡紅舌・剥落苔・裂紋舌・・・色は正常だが、舌苔の一部がはげ落ちたり(剥落舌)、舌にひびが入っている(裂紋舌)。水分の不足。

■舌下静脈の怒張・・・舌の裏の静脈が青黒く浮き上がって、ふくらんでいる。血液の循環が悪い。瘀血がある。

豆知識*東洋医学の診察では必ず舌診があります。事前に、カレーや着色料の濃い飲料水などを飲食すると舌に色がついてしまうので避けます。望診では顔色や唇の色をみるので、化粧はできればしないようにします。香水の使用も控えます。舌診のさまたげになるので、舌苔も歯ブラシで落とさないようにします。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る