虚証と実証

虚実

一般用語の虚は「足りない、少ない」、実は「余分、多い」の意味です。虚証と実証は病気の状態、つまり正気と邪気の抗争状態を示します。

虚証と実証とは何か?

病気が進む過程は、邪気と正気のたたかいの様相ともいえます。実証は、正気は衰えていないが、邪気の勢いが強いためにおこる病気です。正気と邪気の両方が強いと、たたかいは非常に激しいものになります。たたかいが激しいので症状が急性にあらわれて重いものとなり、病気の人にとってはたいへんな苦痛となります。しかし、正気が衰えることなく、そのまま邪気を抑えこめば、症状は治まります。

実証の症状は、激しいが短期間で決着がつくといえます。実証は、風邪や暑邪などの外邪による病気の初期や中期、からだの中で、気・血・津液が停滞したときにみられることが多いです。たとえば、かぜをひいたときに、高い熱がでてからだの節々が痛むのは実証といえます。

虚証は、正気が衰えているためにおこる病気です。正気が弱っており、邪気も弱いときは、両者とも弱いので、たたかいは静かです。からだにも強い症状はでないが、決着がつかないために、症状は長引きます。正気が虚しているので、なかなか回復せず、慢性化しやすいです。

邪気と正気のうつりかわり

正気と邪気が強くなったり、弱くなったりと盛衰をくりかえすことを、邪正盛衰といいます。病気を発症した当初、実証であったものが適切な治療を受けなかったり、病気が長引いたりして正気が弱くなると、虚証に変化することがあります。また、もともと虚証であったものが、適切な治療により正気が回復して、邪気とのたたかいが激化すると実証に変化し、症状が強くなるが、やがて邪気を抑えこむことができて快癒することもあります。病気にはさまざまな過程があるので、邪正のたたかいも虚証か実証のどちらかに限定したかたちで出現しない場合も多いです。虚実挾雑証は、虚証と実証が同時に存在する状態をいいます。たとえば、脾虚(虚)のために津液が停滞して湿(実)が発生しているような場合は、脾虚という虚の状態と湿の発生という実の状態が同時に存在しているので、虚実挾雑証ということになります。このような場合は脾虚による倦怠、無力感、息切れ、食欲不振、下痢といった症状とともに、湿による上腹部のつかえ、膨満感、吐き気、舌苔厚膩(舌苔が厚くなって舌本体がみえない)といった症状がみられます。八綱弁証のなかでも、虚証と実証の決定は、治療法を決めるのに欠かせないポイントとされています。

豆知識*韓国のテレビドラマ「宮廷女官 チャングムの誓い」に、流産した皇后が回復せず牢脈と診断されたが、じつは散脈であったというエピソードがあります。牢脈は深いところで触れる実脈です。散脈は浮いた脈で押すと消えます。気血の消耗と陰血不足を示し、とくに分娩直前にみられます。流産したのに、まだ散脈があるのは、体内に胎児が残っているのではないかと推測されました。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る