褥瘡と歯科での鍼治療

褥瘡

寝たきりになると寝具に触れる部分に、いつもからだの重さがかかるため、血行不良から酸素不足になり、組織が壊死することもあります。

褥瘡(床ずれ)を鍼治療で改善する

日本の高齢者人口は年々増加し、寝たきりになる人も増えています。寝たきりの大きな問題のひとつに、寝具にいつも触れている部分が炎症や壊死をおこす褥瘡があります。

東京都大田区の牧田総合病院では、褥瘡に対して、鍼治療を試みました。治療した褥瘡は、仙骨の部分がおよそ4㎝四方にわたってえぐれていました。1日1回、全身治療として頭部、顔面、腕、足に鍼を刺しました。また、局所治療として褥瘡の周囲に鍼を刺し、10分ほど置き鍼をしました。並行して、西洋医学的な治療も継続しました。

治療を開始して1週間後には、炎症や浸出液、壊死組織が減りはじめました。大きな穴となっていた褥瘡部位に組織が形成され、小さくなっていきました。西洋医学的な治療に鍼治療を加えることで褥瘡が改善されたことは、ほぼ確実といえよう。寝たきりの人はもちろん、看護や介護をする人によっても朗報といえるでしょう。

歯科と東洋医学の連携

最近、顎関節症や歯ぎしり、舌痛症、口腔乾燥症などの口の中の症状を訴える人が増えています。大学病院で診断を受けても原因が特定できない症状であり、歯科や口腔外科を転々とする人もいます。

東京都港区の福島歯科院では、鍼灸院を併設し、口腔の症状に対して、鍼治療など東洋医学的な手法で取り組んでいます。院長の福島厚氏は、「どの症状でも原因が特定できれば、現代医療で治します。まずそちらが先です。それでだめなら鍼治療をします。冷えやのぼせ、慢性的な頭痛なの症状が鍼で改善することは知られていますが、口の中も同じですよ」と語ります。四診で変調している部位を調べ、鍼治療を施します。全身の調子を整え、ストレスを緩和することで、症状が治まることが多いです。

繰り返しできる口内炎にも鍼を使います。気と血を動かすことで治療を促進すると考えられます。歯肉炎などは、口内の原因菌を殺菌し、口の中を清潔にすることで防ぐしかないといわれています。だが、口の中の最近を根絶するのは難しいです。鍼灸で全身症状を調整して免疫力をあげれば、歯肉炎の発症を防ぐことができます。

東洋医学と歯科・口腔外科を連携させる日本歯科東洋医学会の会員も年々増えています。こうした歯科医院では、歯の治療だけでなく、東洋医学からのアプローチで、口腔のさまざまな症状の改善も行えると期待されています。

豆知識*古代ギリシャの医師ヒポクラテスは、人体は火、水、空気、土の四元素からなり、これらに相当する血液、粘液、黄胆汁、黒胆汁の四体液のバランスがとれた状態が健康であるとしました。四体液のバランスは四季に影響されるともされ、東洋医学に共通する概念といえます。四体液説を受け継いだガレノスは、人体でどの体液が優勢かによって人格を分類しました。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る