鍼治療による誤嚥性肺炎と転倒の予防

誤嚥性肺炎

口の中の飲食物や逆流してきた胃内容物が気管に入り、肺に炎症をおこしたもので、高齢者に多いです。

腎と胃のツボに鍼治療を施すことで誤嚥を防ぐ

鍼治療によって、高齢者の健康を維持する試みが行われています。飲食物が誤って気管に入ることを誤嚥といいます。高齢者に多く、脳血管障害を起こすと、誤嚥しやすくなります。誤嚥すると肺炎になることがあり誤嚥性肺炎といいます。肺炎は日本人の死亡原因の第4位で、誤嚥は見過ごせません。東北大学先進漢方治療医学講座では、平均年齢76歳の脳血管障害患者41名を対象に、誤嚥と鍼治療の関係を調べました。

鍼を刺したツボ(経穴)は、足三里と太渓で、胃と腎のはたらきをよくするとされます。胃は食べたものを下におろし、腎は吸気をスムーズにする機能があります。飲食物を飲み込む(嚥下)ときに、気管が閉じるタイミングがくるうと誤嚥になります。そこで、胃と腎の機能が回復すれば、誤嚥が減るのではないかと考えました。

鍼を刺す直前に、1mlの水をのどに注入し、嚥下反射がおこるまでの時間を測定しました。5秒を超えると、誤嚥のリスクが高まります。調査対象の高齢者は平均10秒でした。しかし、鍼を抜いた直後に再び測定すると、平均5秒以内に改善しました。7名の人については、1週間後にも測定したが、改善した状態が続いていました。週に3回の鍼治療を続けた人では1か月後には誤嚥がほぼなくなりました。

鍼治療で歩行障害を改善して転倒を予防する

歩行障害は転倒に直結します。高齢者は骨が弱り、転倒すると足を骨折しやすいです。骨折治療で動かないでいると、しばしば寝たきりにつながるので、歩行障害を改善し、転倒を避けなければなりません。

歩行障害の鍼治療は、足三里、太渓に加えて腎兪のツボが使われました。腎が衰えると精が不足し、手足に力が入らなくなるといわれています。そこで腎の機能を高めるツボに鍼を刺したのです。

対象は、平均76歳で脳血管障害や腰痛で慢性的な歩行障害がある患者27名です。鍼を刺す直前と鍼を抜いた1時間後に、タイムド・アップ・アンド・ゴー(TUG)というテストを行いました。椅子から立ち上がり、3m歩いてUターンし、椅子に戻る時間を計るテストで、16秒以上かかると、転倒の危険が増すとされます。

治療前のテストの平均時間は約18秒だったが、治療後には14秒と改善がみられました。ほとんどの人から「足が軽くなった、歩きやすくなった」という声があがりました。

簡単な鍼治療だが、高い効果をあげることがわかりました。データが蓄積されていけば、高齢者の健康維持に、積極的に鍼治療が用いられると期待されています。

豆知識*飲食物が舌でのどにおくられると、反射的に鼻腔と気道が閉じて、食道が開きます。飲食物は呼吸器官に入ることなく、食道にむかいます。反射がうまくいかないと、誤嚥がおきます。咽頭残留は、のどのくぼんだ梨状陥凹(りじょうかんおう)に水や飲食物が残留することです。達成感を自覚することもあり、残留物がはずれて気道に入る(誤嚥)ことがあります。

東洋医学記事の目次・記事一覧はこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る