風邪

風邪

風邪は、鼻や喉など粘膜に炎症を起こすことが多い疾患です。主な原因はウイルスによるものとされており、鼻腔、咽頭、喉頭、気管、気管支、肺などに急性の炎症が起こります。症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、喉の痛み、咳、痰、発熱、頭痛、全身倦怠感、食欲不振などです。また、関節二痛みが起きたり、胃腸の調子が悪くなったりします。多くの場合熱が出ますが、平熱の場合もあります。小児では一般に高い熱が出やすく、老人では発熱しにくい傾向があります。

風邪による炎症と症状

⑴急性鼻炎

鼻粘膜の炎症で、鼻風邪といわれています。寒冷が誘因になるようです。くしゃみなどがあり、漿液性・粘液性の分泌物をともない、鼻づまりや嗅覚障害を起こしたり、鼻声になったりします。

⑵急性咽頭炎

急性鼻炎に関連して起こることが多い炎症で、咽頭扁桃を侵し、咽頭部に不快感や痛みがあります。小児では高熱を出すことがありますが、一般には熱が出ることはあまりありません。炎症が強いと耳管がふさがり聴力障害を起こすことがあります。また耳管から炎症が中耳に及び、急性中耳炎を起こすこともあります。

⑶急性気管支炎

風邪に関連して起こることが多く、上気道の炎症が気管支に及んで起こる急性の炎症です。不快感、食欲減退、頭痛などがあり、痰・咳などの炎症が起こります。小児では高熱を出しやすい傾向があります。風邪に対して最も警戒を要するのは、老人の場合です。老人は若い人に比べて体力がなく、呼吸器の感染に対する抵抗力が低下しているため、風邪をひくと気管支炎、肺炎に進む傾向が強くなります。また、老人はからだの反応が衰えているために、肺炎になっても高熱が出ないなど、肺炎の症状が現れないために発見が遅れてしまうことがあります。

風邪の予防と光線治療

一般に、風邪をひきやすいのは、先天的に素因を持っている人や呼吸器の機能や粘膜の抵抗力が低い人などです。したがって、風邪にかからないためには、栄養と睡眠を十分にとり、全身の抵抗力をつけるようにし、不規則な生活や過労を避け、皮膚の鍛錬をすることが必要です。また、普段から足腰などに光線照射を行って、体力をつけることも大切です。

●光線治療

風邪の基本的な光線治療は次の通りです。

♢治療用カーボン:3000ー5000番または5002ー5002番を用います。

♢光線照射部位:両足裏部⑦、両足首部①、両膝部②(以上集光器使用せず)、後頭部③(1号集光器使用)または左右咽喉部④(2号集光器使用)を照射します。

♢光線照射時間:各5〜10分間照射し、⑦は15〜20分間と長くしてもよいでしょう。発熱、腰痛がある場合は、腰部⑥(集光器使用せず)を追加します。咳の出る場合は、肩胛骨間部(1号集光器使用)を追加照射します。鼻炎を起こしているときは、3001ー5000番または3001ー4008番で、眼・鼻部(2号集光器使用)を照射します。眼・鼻部を照射するときは、必ず眼を閉じて行います。

普通感冒と流行性感冒(インフルエンザ)

普通感冒 流行性感冒(インフルエンザ)
発病 緩慢 急激
発熱 軽微(38℃くらいまで) 高熱(39〜40℃くらいまで)
症状の現れる主な部位 上気道の症状

・のどの腫れ

・鼻汁、鼻づまり

・くしゃみ

・痰、咳など

全身の症状

・全身倦怠

・食欲不振

・関節、筋肉痛

・頭痛

・手足の痛み、だるさ

合併症 少ない 肺炎への移行もみられる
鼻炎・咽頭炎 全身症状より先に現れる 全身症状後に現れる
期間 比較的長い 短い
発生状況 散発的 流行的

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491

営業時間(定休日 : 日)
午前診療 08:00~12:00
午後診療 14:00~19:00


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る