高脂血症

高脂血症

血液中には、コレステロール、リン脂質、トリグリセライド(中性脂肪)、遊離脂肪酸の4種の脂質があり、これらを血清脂質といいます。この血清脂質のいずれかの量が異常に高くなった状態が高脂血症です。また、4種の脂質のうち、コレステロール血症、トリグリセライド(基準範囲55〜130mg/dl)が多い状態が多い状態を、高トリグリセライド血症といいます。

血液中の脂質

コレステロールは、本来生命維持に必要な栄養素です。その主な役割は、からだを形成する細胞膜の材料として必須の物質であると同時に副腎皮質ホルモン・性ホルモンなどの合成の材料にもなっています。さらに、食事として摂取した脂肪の消化や吸収に必要な胆汁酸の材料です。また、光線療法と密接な関係にあるビタミンDも皮下に存在する7ーデヒドロコレステロールというコレステロールの一種から産生されます。血液中のコレステロールは、LDLコレステロール(基準範囲:80〜139mg/dl)とHDLコレスレロール(基準範囲:36〜62mg/dl)の2種類があり、これを合わせたものを総コレステロール(基準範囲:130〜250mg/dl)といいます。LDL(低比重リポたんぱく)の量が多いと、動脈壁やいろいろな臓器に蓄積し、障害を起こします。このためにLDLコレステロールを悪玉コレステロールと呼びます。HDL(高比重リポたんぱく)は、全身の組織から余分のコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれます。中性脂肪は、皮下脂肪として存在し、一部は心臓、腎臓などの周囲や肝臓、筋肉にも存在します。中性脂肪の役割は、糖分とともにからだに必要な大切なエネルギー源です。糖分が少なくなると中性脂肪を燃焼させてエネルギーを産生します。また、皮下の中性脂肪は熱の発散を防ぐ断熱作用があります。さらに、心臓や腎臓など内臓の周囲にある中性脂肪は、からだを動かすことによる振動から各臓器を保護するクッションとしての役割もあります。しかし、総コレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪などが高い、あるいはHDLコレステロールが低いと動脈硬化(動脈の内膜に起こる粥状硬化)を促進することになります。

高脂血症の合併症

高脂血症は自覚症状がありません。そのため放置しがちですが長年放置すると合併症を起こしてきます。

⑴高コレステロール血症の合併症

長年放置すると、動脈硬化症を発症して、脳梗塞、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症などの合併症を起こします。また、胆石症を合併する頻度も高くなります。

⑵高トリグリセライド血症が続くと、肝臓に脂肪がたまる脂肪肝を誘発し、進展すると膵炎も起こります。

⑶家族性高コレステロール

高コレステロール血症になりやすい体質が遺伝して起こったものを家族性高コレステロール血症といいます。家族性高コレステロール血症が高度になると、黄色種という扁平な皮膚のふくらみが、まぶた、手の甲、肘などに発生します。

高脂血症の原因と治療

肉類、脂肪の多い魚、バター、ベーコンなどの動物性脂肪や卵、ウニ、イクラ、レバーなどコレステロールを多く含む食品の過剰摂取が原因になります。また、カロリーの取り過ぎ、運動不足、中年肥り、糖尿病なども原因になります。治療法としては、生活習慣の改善、運動療法、食事療法、薬物療法などがあり、精神的・肉体的ストレスを避けるようにすることも大切です。毎日7000〜1万歩を汗ばむ程度の速さで歩くなど、適度な運動を心がけることが必要です。食事では、動物性脂肪を取り過ぎないように注意します。トリグリセライド値が高いのは、多くは食べ過ぎが原因です。脂肪の量全体を少なめにし、砂糖、甘いもの、アルコールなどもできるだけ少なくする必要があります。

高脂血症の光線治療

古来、私たちのからだは、生体の新陳代謝を活発にする日光浴の作用を上手に利用し、内臓の分泌作用を高めたり、脂肪の蓄積を防いだり、筋肉を強くしたりすることで好結果を得ていました。屋外飼育の家畜は、屋内飼育の家畜ほど太らないといわれています。可視総合光線療法は、新陳代謝を高める作用があり、高脂血症については脂質代謝を改善して血中コレステロールなどに影響し、同時にカルシウム・ビタミンD不足によって生じる動脈硬化(動脈の中膜に起こる中膜硬化)の改善にも影響しています。光線療法により血中コレステロールが下がる場合があり、光線(紫外線)の血中コレステロールを下げる作用の一部によるものと考えられます。カナダのアルシュール博士によると、動脈硬化症や高血圧症の患者に紫外線を照射すると、78人中61人で血中のコレステロールが有意に低下し、その低下率は8.9〜14.2%と報告しています。さらに、高血圧症患者ではコレステロールの低下とともに血圧も低下したことから、血圧が高く、コレステロールも高い患者には紫外線照射は有効な治療になると付け加えています。一方、博士はウサギにコレステロールが多い食餌を与えて動脈硬化の進行が著明でしたが、紫外線を照射したウサギでは動脈硬化の進行は著しく抑制されていることが判明しました。同様の研究結果は、ホーリック博士によるラットの実験でも示されています。高コレステロール食で飼育したラットでは、紫外線の照射はコレステロールと中性脂肪の双方を低下させると報告しています。

ドイツのバース博士らの研究は、高脂血症患者に紅斑が生じない程度の紫外線を週に3、4週間照射して血中脂質を測定し、紫外線照射は心疾患を予防するHDLコレステロールを増加させると報告しています。

♢治療用カーボン:3000ー5000番、3001ー4008番、1000ー3001番、または4003ー6007番を用います。

♢光線照射部位:両足裏部⑦、両足首部①、両膝部②、腹部⑤、腰部⑥(以上集光器使用せず)、背正中部(1号集光器使用)、肝臓部(2号集光器使用)を照射します。

♢光線照射時間:各5〜10分間照射します。

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

TEL : 0120-396-491


長崎で人気評判のワンランク上の鍼灸院
さくら鍼灸整骨院
長崎県長崎市桜馬場1-8-3

関連記事

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ニュースレターを購読します

ページ上部へ戻る