Blogブログ

長崎市の整骨院のさくら鍼灸整骨院のブログ、コラムのページです。

56WHO認定の鍼灸適応症

QOL:クオリティ。オブ・ライフ(Quality of Life)の略。日常生活の質。快適な日常をおくっていることを「QOLが高い」と表現する。

欧米でも認められている鍼灸治療

鍼灸治療を行っているのはアジアの国だけではない。世界のさまざまな国で、鍼灸が治療に取り入れられて成果をあげている。欧米でも国ごとに鍼灸学会があり、専門機関で技術を学ぶことができる。中国の鍼灸が世界に広がるきっかけになったといわれる出来事がある。1972(昭和47)年、アメリカ合衆国のエクソン大統領が中国を訪問したときのこと。同行していたニューヨーク・タイムズの記者が虫垂炎にかかり、鍼麻酔による手術を受けた。そして、その経緯を記者自身が報道したところ、アメリカはもとより世界中で話題になり、脚光をあびるようになったというわけである。WHO(世界保健機関)は、鍼灸療法で治療効果があることが認められる49の疾患を発表している。また、1989(平成元)年には361個のツボを認定し、それぞれのツボにローマ字と数字の組み合わせで国際表記をつけた。

鎮痛、自律神経の調節、転調作用などを目的に

鍼灸治療は、古典的な東洋医学の治療としてだけではなく、現代医療のなかでも利用されている。まず、痛みをしずめる治療。炎症時の痛みだけではなく、神経痛や手術時の痛みなどを抑えるとされる。鎮痛剤などの医薬品に比べて、依存性や副作用が少ないという利点があるため、がんの緩和ケアに取り入れられることもある。自律神経を調節する治療もある。自律神経は、臓器や器官のはたらきを調整し、脈拍、血圧、体温、排尿などは、自律神経によって調節される。しかし、ショックを受けたり、病気をしたり、環境が変わったりすると、自律神経の調節機能が乱れて、不快な症状を感じるようになる。一般に、自律神経の失調は、西洋医学では原因究明がむずかしく、なかなか治りにくい。鍼灸治療では、自律神経のはたらきを改善することに効果をあげている。鍼や灸でツボを弱く刺激することをくりかえしていると、かぜをひきやすかった人が丈夫になったり、ぜんそくやアトピー性皮膚炎が治るなど、体質が改善されることがある。転調作用とよばれるが、しくみははっきりとは解明されていない。アレルギーのように西洋医学でも根本的な治療法がない場合に利用されている。このほかにも、さまざまな現代医療の場面で鍼灸治療が用いられるようになってきており、これは5章で紹介している。

豆知識

WHOが決定したツボの位置は骨度定位法で確定される。たとえば合谷は「第2中手骨の中央の親指側」となる。ほかのツボ位置を決定するための基準となる基準経穴も定められた。

さくら鍼灸整骨院
長崎電気軌道(路面電車) 新大工駅より徒歩1分
〒850-0015 長崎県長崎市桜馬場1-8-3泉田ビル1F
☎0120-396-491 
(午前)8:00~11:30(午後)14:00~19:00
※土曜日は午前まで ※日曜日・祝日休診
健康保険・労災保険・交通事故による自賠責保険

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事