Blogブログ

長崎市の整骨院のさくら鍼灸整骨院のブログ、コラムのページです。

69漢方薬は東洋医学の治療薬

漢方薬:何種類かの生薬を処方にしたがって配合し、おもに煎じて薬液にしたもの。生薬は薬効成分がある植物などを乾燥させたもの。

植物などの生薬を何種類も配含してつくる

東洋医学の治療は、経絡やツボ(経穴)を刺激する鍼灸と飲み薬(漢方薬)をおもに処方する湯液療法の2つに分けられる。東洋医学は、紀元前200年ころの中国・漢の時代に発達した。そのため日本では、東洋医学のことを漢方とよび、その薬のことを漢方薬とよぶ。中国では漢方薬にあたる薬は中薬という。日本に伝えられたあと、湯液療法は独自の工夫が加えられ、江戸時代には日本独特の漢方医学が完成したといわれる。漢方薬は、生薬を決まった比率で配合し、煎じてつくった薬液がほとんどである。生薬とは、自然のなかに存在し、何らかの薬効成分をもつ物質のことだ。生薬のほとんどは植物で、葉、根、樹木の皮、種子や果実を乾燥させ、砕いたり挽いたりして使う。そのほかには、鉱物、動物の肉・皮・骨や、貝殻なども利用している。一般に、漢方薬は4種類以上の生薬が配合されている。漢方薬は、専門の薬局で症状を相談して購入するか、漢方外来などがある病院で処方してもらうとよい。

錠剤や顆粒になっているエキス製剤

本来の漢方薬は自分で煎じるものだが、非常に手間がかかる。そこで、煎じる必要がなく、携帯にも便利な、エキス製剤の漢方薬を使うことが多い。エキス製剤とは、煎じた液から成分を抽出し、凍結乾燥させたもので、錠剤や顆粒状、カプセル剤がある。そのまま飲んでもよいが、湯に溶いて服用すると、吸収がよいという。また、漢方薬は香りにも効能があるといわれるので、湯に溶かして、香りをたたせると、より効果的だろう。煎じ薬は高い薬効が期待でき、ひとりひとりに合わせて生薬の配合を調整することができる。煎じるには、電熱式の自動煎じ器を使うと便利だ。または、生薬の成分が変質しないように、強化ガラス、ほうろう、アルミ製などのやかんか土瓶で煮つめる。面倒でも、1回で1自分の量だけを煎じる。煎じ薬は1日たつと成分が変化してしまうこともあるため、つくり置きはできない。冷めてしまったら、温め直して飲んだほうがよい。漢方薬は、1日2~3回に分けて飲む。吸収をよくするために空腹時に服用するものが多い。食間に服用という指示があれば、食事と食事のあいだ、食後2時間ぐらいのことだ。食前という指示は、食事の30分ほど前のこと。種類によっては、食後に服用することもある。

豆知識

葛根湯など漢方薬には「湯」がつくものが多い。湯は中国語ではスープ類をさす。煎じることによって成分が溶け出した、いわば薬のスープという意味である。

さくら鍼灸整骨院
長崎電気軌道(路面電車) 新大工駅より徒歩1分
〒850-0015 長崎県長崎市桜馬場1-8-3泉田ビル1F
☎0120-396-491 
(午前)8:00~11:30(午後)14:00~19:00
※土曜日は午前まで ※日曜日・祝日休診
健康保険・労災保険・交通事故による自賠責保険

◆目次一覧(1~96)を見る◆

前のページへ<<

>>次のページへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事