Blogブログ

長崎市の整骨院のさくら鍼灸整骨院のブログ、コラムのページです。

②可視総合光線療法の多彩な作用

光化学作用 : 光線 (紫外線)が皮膚内の他の物質に作用 し、生体 中に種々の新 しい物質を産生する作用。

◆皮膚内に存在する7-デ ヒ ドロコレステ ロールを ビタミンDに 変換する。ビタミンDは腸か らのカル シウムの吸収 を始め、カル シウム代謝を介 して生体 の細胞機能の恒常性維持に重要な作用がある。
●骨軟化症、骨粗霧症、変形性関節症の治療 と予防
●ア トピー性皮膚炎、花粉症などの治療と予防
●動脈硬化、糖尿病など生活習慣病の治療 と予防
●角化細胞の増殖抑制作用 による尋常性乾癖 、魚の 目、:丼抵腫 (タ コ)な どの治療と予防
●インス リン分泌の調節による高血糖、糖尿病など の治療と予防
●発ガン抑制作用によるガン、腫瘍の抑制

◆皮膚内にあるヒスチジンを ヒスタミンや ヒスタミ ン様物質に変化させる。
●胃液や消化液の分泌調節による胃腸病の治療と予防
●末梢血管拡張作用による血圧上昇の抑制 深部温熱 : 生体への浸透力の大きな長波長の可視線 (赤色)と 短波長の赤外線 (近赤外線)は 、光線照射局所 に充血 を起こし血流 を増加させ、患部の血行を改善する。
●末梢血管の拡張による冷え症、ひび、あかぎれ、 しもやけ、脱疸などの治療 と予防
●冠状動脈の血行改善による心臓病の治療 と予防
●末梢血管の拡張、心臓機能強化による高血圧症、 低血圧症の治療と予防
●消化管の動 きや消化機能の改善 生体 リズム調整 : 光のエネルギ ー (可視線)|ま 眼を通過 し網膜に達 し、その刺激 は視神経を介 し脳神経系に達する。光刺 激は、脳の中心付近にある松果体に作用 し、メラ トニ ン (松果体ホルモン)の分泌 を調節する。メラ トニン は脳下垂体に作用 し、生体 リズム、からだの成熟、性 腺の周期的活動、高血圧、免疫機能、抗酸化作用など多 くの機能に関与する。
●時差による睡眠障害 (時差ボケ)、 不眠症、季節性 うつ病、痴呆症な どの治療と予防
●メラ トニンの降圧作用による高血圧の抑制
●メラ トニンの脂質低下作用による心臓病の治療と 予防 鎮 痛 : 深部温熱作用によ り患部の血流を改善 し、プロス タグランジン、ヒスタミン、ブラジキニンなどの発痛 原因物質をすみやかに除去し、鎮痛とともに痛みの 原因も改善し、炎症 を鎮める作用を発揮する。また、 痛みの調節機構を刺激 して、痛みの閾値を上げる作 用 によっても鎮痛効果をもたらす。
●関節痛 (肩、肘、指、股、膝、足など)・ 神経痛 (三 叉神経痛、坐骨神経痛など)の治療と予防
●椎 間板ヘルニア、腰椎捻挫、変形性腰痛症などに よる急性、慢性腰痛の治療と予防
●膠原病による関節痛の治療と予防
●スポーツ、外傷などによる打撲、筋肉痛の治療
●外傷による傷、抜歯後、火傷などの痛みの治療
●片頭痛、腹痛など血管や内臓筋肉の収縮による痛 みの治療と予防 免疫調節 : 可視総合光線には ビタミンD、 カルシウム代謝を 介する免疫調節作用がある。多くの原因不明の疾患 には免疫異常が関与 していることか ら、光線による 免疫調節作用の応用範囲は広い。
●風邪、気管支炎な ど感染症の治療と予防
●慢性関節リウマチ、強皮症、橋本病などの自己免疫 疾患 (膠原病)の治療と予防
●発 ガン抑制作用 によるガン、腫瘍の抑制 消炎 (腫脹吸収): 可視総合光線には、鎮痛効果と同時に強い抗炎症 作用がある。
●扁桃炎、中耳炎、関節炎などの腫脹の治療
●痛みを伴う種々の疾患の腫脹吸収 肉芽発生 : 可視総合光線は、倉」傷部の血行改善とともに創傷 部の治癒過程をすみやかに進め、種々の細胞を呼び 寄せて強靱な肉芽の形成を促 し、あ らゆる創傷の回 復を早める。
●褥麿 (床ずれ)の治療と予防
●外傷、手術痕、大傷の治療 殺 菌 : 可視総合光線 (紫外線)は 、免疫調節作用に加え て白血球の遊走能、食菌能を強化することから感染 防御機構を介して細菌感染症の治療 、予防に有効で ある。
●風邪、気管支炎な ど感染症の治療 と予防
●外傷、手術創、大傷など創傷部の感染の治療
●ア トピー性皮膚炎など皮膚病における細菌の二次 感染の予防
●扁桃炎、中耳炎などの感染の治療 と予防
●ニキ ビの感染予防
●痔核、痔ろうの細菌感染の予防 睡 眠 : 可視総合光線は、血行改善と自律神経、内分泌、松 果体ホルモンの働きを調整 し自然な眠 りをもたらす。
●種々の睡眠障害の改善。可視総合光線による皮膚、内臓の血行改善とヒス タミンなどの光産成物質の作用によ り、消化管の働 きが活発になり食欲を増進 し、便通を良好にする。
●胃炎、胃測 敷 便秘などの胃腸病の治療と予防
●胃下垂の治療
●冑 ・大腸切除後の食欲減退の治療 解 毒 : 可視 (青色領域)光線は、血中に増加 した脂溶性 の ビリルビンを水溶性のビリルビンヘ変化させる作 用があ り、新生児重症黄疸にも利用されている。可 視総合光線は肝臓、腎臓の機能を活性化 し解毒作用を発揮する。 コレステロール低下 : 可視総合光線に|よ 、脂質代謝を改善 し、コレステロ―ルや中性脂肪を下げる働きがある。
●動脈硬化の治療と予防
●冠状動脈の動脈硬化の進行を抑え、心臓病の治療 と予防
●末梢血流障害、脱疸の治療と予防
●脂肪肝の治療と予防 消 痒 : 可視総合光線は皮膚病 によるかゆみだけでな く、 種々の疾患によるかゆみに有効。
●糖尿病 、腎不全、肝臓病などによるかゆみの治療 利 尿 : 可視総合光線は新陳代謝を盛んにし、皮下で光産 生物質の生成を高め、血行と腎臓機能を改善 し、特 に尿量を増す効果がある。
●心臓病 、腎臓病、種々のむくみ、夜間頻尿に利用
●痛風の治療に応用 (尿酸の尿中への排泄を促進) 。可視総合光線は、自律神経系、ビタミン D産生を 介 して、副腎皮質ホルモン分泌を促進 し、筋力、運 動能を向上させる。
●虚弱児童の体質改善
●学童の運動能力と疲労に対する抵抗力向上、目の 疲れの軽減 こ きいうき のうかいぜん 呼吸機能改善 きょたん さ よう 可視総合光線は、血液循環調節作用と去痰作用に より呼吸機能を改善させる。
●慢性気管支炎、気管支喘息、肺気腫の治療 神経機能改善 : 可視総合光線は、光化学作用と湿熱作用により神 経機能を改善させる。
●脳卒中後遺症 (手足の麻痺)、 神経麻痺、小児麻痺、 手足の しびれなどの改善

さくら鍼灸整骨院
長崎電気軌道(路面電車) 新大工駅より徒歩1分
〒850-0015 長崎県長崎市桜馬場1-8-3泉田ビル1F
☎0120-396-491 
(午前)8:00~11:30(午後)14:00~19:00
※土曜日は午前まで ※日曜日・祝日休診
健康保険・労災保険・交通事故による自賠責保険

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事