Blogブログ

長崎市の整骨院のさくら鍼灸整骨院のブログ、コラムのページです。

㉟問診

今回のキーワード「聞診」
聴覚と嗅覚を使うが、望診や問診と同時に行われることが多い。医師は患者との何気ない会話から多くの情報を得ている。

声やせきだけではなく話し方も対象となる

聞診の間には、「聞く」と「においをかぐ」の2つの意味がある。聞診は声やせきなどの患者が発する音を聞き、体臭や排泄物のにおいをかぐことである。まず、話をしながら、声をよく聞く。声が高い、低い、強い、弱い、がらがらした声、声がかれてでない、声に力があるかないか、話し方が速いかゆっくりしているか、などを確認する。声は、肺、のど、気道からのどへかけての骨や筋肉、舌、歯、唇、鼻といった多くの器官を使ってだされている。その一部に異常がおきると、発声が変化する。あるいは、これらの器官とつながっている内臓に病気があっても、やはり声に症状があらわれる。声だけではなく、呼吸やせきにも耳をかたむける。呼吸が短く、回数が多かったり、あえぐなど、呼吸困難の症状がでていないか、ゼイゼイ、ゴロゴロ、ヒユ―ヒューといった音がしないかを聞く。鼻息が聞こえることもある。

口臭や体臭、排泄物のにおいをかぐ

においは、口臭や体臭で確認する。強いにおいは、熱が体内にこもっている状に多い。すっぱいにおいの口臭は、胃に食物が停滞している。腐ったにおい口臭は、歯周病や口内炎、虫歯が悪化しているなど口の中に原因がある。大小便、痰、おりものなど、排泄物のにおいを確認することもある。悪臭が強い、生臭いなどで、からだが熱っぽいのか、冷えすぎているのかが判断できる。せきをしているときには、痰がからんだせきか、からんではいないかを聞く せきの音が大きい、弱々しいせき、痰がよく出る、痰がからんでいるのになかなか出ないなど、いろいろなせきがある。しゃっくりは胃の気が上に逆流しているもの。逆流の理由で、しゃっくりの種類が違う。短い音が高くよく 響き、力のあるしゃっくりは、熱がたまっている。あるしゃっくりは、熱がたまっている。音が小さく、弱々しいしゃっくりは、気 が不足している。慢性病をわずらっている人が力のないしゃっくりをするのは、病気が悪化しているので注意が必要だ。
同じく胃の気が上がっている症状に、げっぷがある。食物が胃に停滞していたり、胃や肝のはたらきが悪いときにおこる。とくに、すっぱいにおいがするものは、消化不良が原因である。
話のあいだにためいきをつくのは、ストレスによって気が滞っている。話のつじつまが合わないのは、情志や心に異常がでている可能性がある。

豆知識①
呼吸を表現する言葉に、哮(こう)と喘(ぜん)がある。呼吸困難で、肩で息をし、横たわることができない状態が喘。喘の状態でのどの奥でゴロゴロと痰の音がするのが嗜である。

問診
医師の聴覚と嗅覚を使つた診察。患者が無意識にだす、げつぷやせき、呼吸音に注意しながら、話すことで声の調子も聞き、体臭や口臭をかぐ。

■発声
声が大きい・・・大きな声でよくしゃべる人は実証が多い。高血圧のことも。
声が小さい・・・虚証で、全身の気が不足していることが多い。
甲高い声・・・肺が変調していることが多い。
ふわふわしたしゃべり方・・・腎が変調し、腎精が不足していることが多い。
■呼吸音
息が荒い・・・からだに熱がこもり、呼吸に影響していることが多い。
息が弱い・・・肺と腎の気が不足していることが多い。
ゼイゼイと大きな音・・・息を吐くと楽になる肺に痰がたまつて変調している。
ゼイゼイしているが、弱い呼吸音・・・吸気が少なく、呼気が多い肺と腎の気が不足している
■せき
せきの音が重い・・・鼻づまり、痰が白い一般的なかぜ症状
こもつたせき・・・痰は黄色、鼻息が熱つぽい肺に熱がこもつている。
せきに力がなく、せわしく呼吸・・・肺の気が不足している。
乾いたせき・・・からだに熱がこもり、乾燥して、津液が不足している。
■しゃっくり
よく響き、力があるからだに熱がこもっていることが多い
音が小さい気が不足していると考えられる
■げっぶ
すつぱいにおい胃で食物が停滞。
■□臭
すっぱいにおい・・・消化不良で胃で食物が停滞。
腐つたにおい・・・歯周病や口内炎がが多い。

豆知識②息が荒く、呼吸音が大きく、息を吐くと楽になるのは実喘で肺に邪気がある。呼吸の音が低い、 呼気が多く吸気が少ない、息がとぎれとぎれになるのは虚喘で肺と腎の気虚による。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事