Blogブログ

長崎市の整骨院のさくら鍼灸整骨院のブログ、コラムのページです。

(50)中耳炎

中耳炎は成人より子供に多い疾患です。幼・小児期は力疫機能が不完全で、鼻炎、副鼻腔炎、扁桃炎、アデノイドなどの炎症が原因になって、繰り返し中耳炎を起こすことがあります。急性中耳炎、慢性中耳炎、いずれの場合も難聴が主な症状です。中耳炎の可視総合光線療法では、感染に対する抵抗力を強める間接的な効果が大きく関与します。

急性中耳炎

滲出性中耳炎(中耳カタル)
風邪が原因で中耳炎になることがあります。風邪で鼻炎を起こし、鼻粘膜が腫れたり、鼻汁が鼻腔をふさいだりすると、鼻での呼吸が妨げられます。鼻で呼吸ができなくなると口で呼吸をするようになり、喉に炎症を起こします。この炎症によって、耳管(耳と鼻の奥をつなぐ管)が閉塞して耳管狭窄歴という状態になり、難聴となります。耳管狭窄の状態が続くと、中耳腔に組織液がたまり、滲出性中耳炎(中耳カタル)になります。痛みは少ないのですが、耳の閉塞感、耳鳴り、難聴のほか、自分の声が頭の中で響くなどの症状がみられます。滲出性中耳炎では、特にアレルギー性鼻炎を合併することがあり、これが中耳炎を悪化・再発させる要因となる場合も多くあります。中耳炎の発症には、耳管の働きが大きく関係しています。
化膿性中耳炎
細菌感染が、耳管を経由して中耳腔におよび、中耳で炎症が起きて膿がたまると、化膿性中耳炎になります。たまった膿は鼓膜を破り(穿孔)、外耳道側に流れ出し、耳漏(耳だれ)となります。症状としては、耳漏、高熱(38~40度台)、耳鳴り、強い耳痛などがみられます。炎症が強いと中耳腔だけでなく、その周囲の乳様突起にも炎症がおよび、急性乳様突起炎を起こします。鼓膜穿孔は、耳漏として膿が排出され、炎症が治る

慢性中耳炎

慢性穿孔性中耳炎
急性中耳炎が完治せずに経過すると、慢性中耳炎になります。慢性になる原因としては、急性中耳炎の治療が不十分だったり、全身の抵抗力の低下、耐性細菌感染、耳管機能不全などがあげられます。鼓膜の穿孔は閉鎖せず、慢性穿孔性中耳炎となります。難聴と耳だれが主な症状ですが、耳鳴りや耳の閉塞感をともなうこともあります。慢性の炎症が治癒しても、鼓膜穿孔はそのまま残る場合が多く、常に外耳道から感染しやすく再発の危険が大きい疾患です。
真珠腫性中耳炎
真珠腫性中耳炎は慢性中耳炎の一つで、鼓膜や外耳道の上皮が中耳に侵入、増殖して嚢状に発育したものです。真珠腫がしだいに増大すると、周囲の骨を破壊して内耳炎を起こしたり、顔面神経を麻痺させたり、脳に達すると脳膜炎を起こしたりします。真珠腫は、悪性の中耳炎といえますが、そのすべてが合併症を起こすわけではなく、全く合併症を起こさずに経過する場合も多くみられます。

中耳炎の治療

中耳炎は頻回に繰り返すことがあり、かかりやすい体質があるようです。しかし、多くの例では、扁桃炎、アデノイド、副鼻腔炎、鼻アレルギーなどの炎症が中耳炎の引き金となっています。したがって、中耳炎の治療では、これらの疾患も並行して治療しておくことが大切です。中耳炎は繰り返すことにより、将来難聴の原因になることもありますので、日頃から炎症に対する抵抗力をつけておくことが大切です。

さくら鍼灸整骨院
長崎電気軌道(路面電車) 新大工駅より徒歩1分
〒850-0015 長崎県長崎市桜馬場1-8-3泉田ビル1F
☎0120-396-491 
(午前)8:00~11:30(午後)14:00~19:00
※土曜日は午前まで ※日曜日・祝日休診
健康保険・労災保険・交通事故による自賠責保険

◆目次一覧(1~106)を見る◆

(49)白内障 <<

>> (51)難聴

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事