Blogブログ

長崎市の整骨院のさくら鍼灸整骨院のブログ、コラムのページです。

①漢方ギャラリー

生薬は、薬効成分がある植物や鉱物などの天然素材である。何種類かの生薬が配合されて、漢方薬として処方される。ここではその生薬が処方される代表的な漢方薬名も記した。

葛根(かっこん)

マメ科クズの根。
葛根加朮附湯(かっこんかじゅつぶとう)、葛根湯など。
※解熱鎮痛剤や風邪薬などに配合されている。

甘草(かんぞう)

マメ科カンゾウ類の根。
四君子湯(しくんしとう)、炙甘草湯(しゃかんぞうとう)、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)など。
灸甘草として使うことも。
※風邪薬、咳止め、去痰、整腸剤、解熱鎮痛剤などに配合されている。

桂皮(けいひ)

クスノキ科ニッケイなどの樹皮。
桂枝ともいう。
桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)、桂枝加葛根湯(けいしかかっこんとう)、桂枝湯など
※解熱鎮痛剤、去痰、胃薬などに配合されている。

紅花(こうか)

キク科ベニバナの花。
桃紅四物湯(とうこうしもつとう)、通導散(つうどうさん)など。
※腹痛、月経不順、血液の浄化などに使われる。

五味子(ごみし)

マツブサ科チョウセンゴミシの果実。
十全大補丸(じゅうぜんだいほがん)、人参養栄湯(にんじんえいようとう)、都気丸(ときがん)など。
※咳止め、強壮などに使われる。

柴胡(さいこ)

セリ科ミシマサイコなどの根。
柴陥湯(さいかんとう)、柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)、小柴胡湯(しょうさいことう)など。
※消炎、排膿、痔疾患、滋養強壮などに使われる。

山茱萸(さんしゅゆ)

ミズキ科サンシュユの果肉。
牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)、左帰丸(さきがん)、六味地黄丸(ろくみじおうがん)など。
※腎疾患系、滋養強壮、めまい、耳鳴りなどに使用される。

地黄(じおう)

ゴマノハグサ科のアカヤジオウなどの根。
四物湯(しもつとう)、左帰飲(さきいん)、知柏地黄丸(ちばくじおうがん)など。
熟地黄(じゅくじおう)を使うことも。
※消炎鎮痛、滋養強壮、倦怠感、白内障などに使用される。

芍薬(しゃくやく)

ボタン科シャクヤクの根。
帰芍六君子湯(きしゃくりっくんしとう)、桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)など。
※冷え性、風邪薬、婦人薬、消炎鎮痛、皮膚疾患などに使用される。

大棗(たいそう)

クロウメモドキ科ナツメなどの果実。
甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)、小建中湯(しょうけんちゅうとう)、大柴胡湯(だいさいことう)など。
※滋養強壮、矯味、胃腸機能低下などに使用される。

陳皮(ちんぴ)

ミカン科ウンシュウミカンなどの果皮。
異功散(いこうさん)。啓脾湯(けいひとう)、五積散(ごしゃくさん)など
※吐き気、咳、胃腸機能低下、鎮痛、風邪、冷え性などに効果がある。

当帰(とうき)

セリ科トウキなどの根。
帰脾湯(きひとう)、当帰補血湯(とうきほけつとう)、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)など。
※貧血、月経不順、冷え性等、婦人病に広く使われている。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事