Blogブログ

長崎市の整骨院のさくら鍼灸整骨院のブログ、コラムのページです。

  • HOME
  • ブログ
  • 連載コラムVol.2 体が冷えても温野菜をやめたくない人は読んではいけません!

<雑誌掲載>連載コラムVol.2 体が冷えても温野菜をやめたくない人は読んではいけません!

体が冷えても、温野菜をやめたくない人は読んではいけません!

まず野菜は生野菜にしろ、温野菜にしろ体を冷やします。
温野菜は体を温めると思われがちですが、いくら野菜に熱を加えても温める食べ物へと転じるこ
とはありません。実際に温野菜を食べているあなたの体は冷えていますよね。
野菜の魅力である酵素やビタミンは加熱すると壊滅するため、栄養素を失ってしまった温野菜よ
り、酵素やビタミンが多い生野菜のほうが圧倒的に体には良いです。

次に、東洋医学の基本は陰と陽ですが、陰とは冷やす力、陽は温める力と捉えてください。その
陰陽のバランスが大事ですが、冷え性の体は陰に傾いてしまっています。
そこに陰である野菜を取り込めば、体はより冷えます。
温かくしたいならば、陽である肉(魚や卵を含む)や塩をしっかり取るべきです。
体を温める具体的な事柄をまとめました。

• 水分を極力取らない。
• 野菜をぐっと減らす。
• 肉をしっかり食べる。
• 塩をしっかり取る。
• コーヒーを飲まない。
• 睡眠を最低6時間以上とる。
• 半身浴を日課とする。

これを1週間続けるだけでも体は一気に温まります。
そうやって体が温まれば、次は体の調子に合わせて食を選びます。手足を握ってみて温かければ、
野菜を取ります。野菜を取り続ければ、やがて必ず手足が冷えてきます。そしたら、今度は肉と塩
を食べて温めるといった具合にバランスをとっていきます。
皆さんにまだまだ多くのことをお伝えしたかったのですが、終わりが近づきました。この話の続
きや実践方法、食べて良いもの悪いもの、体を温める食べものなどをまとめた小冊子を無料で当
院のホームページから見られるようにしておきました。必ず冷えは治り、温かい体が手に入ります。
皆様の健康をこころより祈っております。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事