Blogブログ

長崎市の整骨院のさくら鍼灸整骨院のブログ、コラムのページです。

(82)過敏性腸症候群

潰瘍や炎症など、原因となる特定の病変がないのに、神経が過敏になるために腸の働きが強まり便通異常となり、下痢や便秘、腹痛などなどが慢性的に起こってくることがあります。これは、精神的な影響を受けやすい、神経質な性格の人に多くみられる病気で、過敏性腸症候群といわれています。特に女性に多い病気で自律神経系との関係が強く、精神的な過労、ストレスなどによって腸が過敏になることが多いようです。神経質な人はわずかの刺激でも症状が起こります。

過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群の症状はさまざまで、人によって違います。一般には、便通の異常(下痢、便秘)が長期間続き腹痛をはじめとする腹部の諸症状が主な症状です。原因としては、暴飲暴食やアルコールの飲みすぎ、からだの冷え、風邪、過労などが考えられます。また、発症には心理的・精神的な要因(対人関係、ストレス、健康不安、家庭内トラブル、進学問題など)が関係している場合が多くみられます。この病気はさまざまな腸の検査をしても器質的病変を見い出せないことが多いという特徴があります。便通異常や腹痛などの症状は自律神経系、特に副交感神経の緊張によって引き起こされる腸運動の亢進により起こると考えられます。腹痛は、痛む部位が上腹部、下腹部、臍の周囲などと一定せず、移動したりします。食後に痛みが起こり、排便すると痛みが和らいだり、なくなったりすることもあります。症状は下痢が続くもの、便秘が続くもの、便秘と下痢が交互に起こるものがあり、便秘は強い痛みをともなうことがあります。また、長い間下痢をしていても体重の減少はなく、食欲も普通で、日常生活は支障なくできます。排便の回数は多く、一日に10回以上になることがありますが、夜間はあまり便意をもよおしません。下痢や軟便であることが多いようです。このほかの症状としては、腸にガスがたまったり、食欲減退、げっぷ、むかつきや自律神経失調症・神経症的な頭痛、肩こり、不眠、動悸、抑うつ、不安感、イライラなどをともなうことが多くみられます。

さくら鍼灸整骨院
長崎電気軌道(路面電車) 新大工駅より徒歩1分
〒850-0015 長崎県長崎市桜馬場1-8-3泉田ビル1F
☎0120-396-491 
(午前)8:00~11:30(午後)14:00~19:00
※土曜日は午前まで ※日曜日・祝日休診
健康保険・労災保険・交通事故による自賠責保険

◆目次一覧(1~106)を見る◆

(81)便秘 <<

>> (83)慢性膵炎

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事