Blogブログ

長崎市の整骨院のさくら鍼灸整骨院のブログ、コラムのページです。

86脳血管障害の後遺症を鍼治療で改善

醒脳開竅法:中国では、鍼灸を脳血管障害の急性期の治療にもちいることが多い。醒脳開竅法は発症直後から行うと高い効果が期待できる。

画期的な脳血管障害の鍼治療法、醒脳開開竅藪法

2008(平成20)年の脳血管障害による死亡者は約12万6000人とされている。患者数はその10倍以上ともいわれる。脳血管障害後に、後遺症が残ることがある。日常生活や歩行、会話、飲食などが以前のようにできなくなってしまう人も多い。後遺症に対して、医学的リハビリテーションとともに、鍼灸治療を受ける人もいる。鍼灸治療で、後遺症が改善された例は多くの報告がある。いくつかの治療方法があるが、なかでも初めてシステム化された、醒脳開竅法は有名である。醒脳開竅法は1987(昭和62)年に北京で開催された世界鍼灸連合学会で発表された。発症直後から採用することで、死亡率の低下、ADL(日常生活動作)の向上、合併症の治療などに効果をあげることができる。醒脳開竅法では、まひしている手足の部分には、直接深く鍼を刺して治療する。また、脳の血栓や出血部位に対しては、離れた手足のツボに鍼を刺し、遠隔刺激を伝えることで、血流の停滞が改善できるとされる。使うツボの基本は、内関、人中、三陰交、極泉、尺沢、委中、風池、天柱、完骨などである。これらのツボに、補瀉の手技を施す。刺激は一般の鍼治療よりも強めだが、症状によって加減する。中国では太い鍼を使用するが、日本の鍼でも適切な種類を選び、適確な手技を行えば、同様の効果をもたらすことができる。

まひの改善に大きな効果があり、医療連携もとりやすい

東京都大田区の牧田総合病院では1989年から醒脳開竅法を導入し、脳卒中センター、リハビリテーション部、および関連施設である牧田中医センターとの医療連携により、これまで4000名以上の脳血管障害の患者にこの治療法を施している。急性期から取り入れることで回復を促したり、後遺症を軽くすることができる。醒脳開竅法はシステム化されているために、一定の技量をもつ鍼灸師であれば、トレーニングを受けることで、誰でもほぼ同程度の効果をあげることができる。牧田中医センターと後藤学園共催で行われた醒脳開竅法マスターコースでトレ―ニングを受けたスタッフのいる北海道の禎心会病院では、1995~1996年までに脳血管障害で入院した患者237名のうち脳梗塞137名、脳内出血60名に対して、リハビリテーションとともに醒脳開藪法による治療を行った。その結果、まひによる症状が改善された例は、脳梗塞で78%、脳内出血で71%だった。そのうち、手の上げ下げなどは35%、足の動きは90%が改善した。とくに、ある程度の筋力を残している不全まひには劇的な効果があった。醒脳開竅法は発症直後の急性期に取り入れるのがいちばんよいが、回復期に行ったとしても、ADLの向上はある。治療してすぐに効果がみられることが多いため、患者と施術者が効果を確認しあいながら治療を進められ、リハビリテーションとの医療連携もとりやすい。さらに、患者のモチベーションを維持できるのも大切なことだ。また、脳血管障害の再発予防効果も期待される。また、在宅医療のなかでも活用することができ、鍼治療によって拘縮が改善すれば、体位変換や衣服の着脱なども楽に行え、介護の負担を軽減できる。

豆知識

脳血管障害後の後遺症に対する鍼治療は、慢性化したまひの改善などに使われることが多かった。醒脳開竅法は発症直後から治療に取り入れることで、より大きな効果がある。

さくら鍼灸整骨院
長崎電気軌道(路面電車) 新大工駅より徒歩1分
〒850-0015 長崎県長崎市桜馬場1-8-3泉田ビル1F
☎0120-396-491 
(午前)8:00~11:30(午後)14:00~19:00
※土曜日は午前まで ※日曜日・祝日休診
健康保険・労災保険・交通事故による自賠責保険

◆目次一覧(1~96)を見る◆

前のページへ<<

>>次のページへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事