Blogブログ

長崎市の整骨院のさくら鍼灸整骨院のブログ、コラムのページです。

(91)風邪

風邪は、鼻や喉など粘膜に炎症を起こすことが多い疾患です。主な原因はウイルスによるものとされており、鼻腔、咽頭、喉頭、気管、気管支、肺などに急性の炎症が起こります。症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、喉の痛み、咳、痰、発熱、頭痛、全身倦怠感、食欲不振などです。また、関節に痛みが起きたり、胃腸の調子が悪くなったりします。多くの場合熱が出ますが、平熱の場合もあります。小児では一般に高い熱が出やすく、老人では発熱しにくい傾向があります。

風邪による炎症と症状

(1)急性鼻炎
鼻粘膜の炎症で、鼻風邪といわれています。寒冷が誘因になるようです。くしゃみなどがあり、漿液性・粘液性の分泌物をともない、鼻づまりや嗅覚障害を起こしたり、鼻声になったりします。
(2)急性咽頭炎
急性鼻炎に関連して起こることが多い炎症で、咽頭扁桃を侵し、咽喉部に不快感や痛みがあります。小児では高熱を出すことがありますが、一般には熱が出ることはあまりありません。炎症が強いと耳管がふさがり聴力障害を起こすことがあります。また耳管から炎症が中耳に及び、急性中耳炎を起こすこともあります。
(3)急性扁桃炎
高熱(39~40℃)が出て、全身の違和感、倦怠感、食欲不振、頭痛、関節痛をともないます。扁桃の痛みと廉下障害が起こってきます。
(4)急性気管支炎
風邪に関連して起こることが多く、上気道の炎症が気管支に及んで起こる急性の炎症です。不快感、食欲減退、頭痛などがあり、痰、咳などの症状が起こります。小児では高熱を出しやすい傾向があります。風邪に対して最も警戒を要するのは、老人の場合です。老人は若い人に比べて体力がなく、呼吸器の感染に対する抵抗力が低下しているため、風邪をひくと気管支炎、肺炎に進む傾向が強くなります。また、老人はからだの反応が衰えているために、肺炎になっても高熱が出ないなど、肺炎の症状が現れないために発見が遅れてしまうことがあります。

さくら鍼灸整骨院
長崎電気軌道(路面電車) 新大工駅より徒歩1分
〒850-0015 長崎県長崎市桜馬場1-8-3泉田ビル1F
☎0120-396-491 
(午前)8:00~11:30(午後)14:00~19:00
※土曜日は午前まで ※日曜日・祝日休診
健康保険・労災保険・交通事故による自賠責保険

◆目次一覧(1~106)を見る◆

(90)慢性気管支炎 <<

>> (92)肺気腫

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事