Blogブログ

長崎市の整骨院のさくら鍼灸整骨院のブログ、コラムのページです。

㉖3種類の病因

病因 病気の原因を病因という。東洋医学では、病因の正体を探り、排除することで、からだの正気を復活させて、健康体に近づける。

外因の六邪

病気の原因を病因という。からだの外からくる病因である外因、からだの内側から生じ、過度の感情が原因となる内因、外因にも内因にも属さない不内外因の3つに大きく分けられる。外因は外感ともいう。外感では、からだの外側にある邪気がからだの表面にとりつき、病気をおこすと考えられる。邪気とは、風邪・寒邪・暑邪・湿邪・燥邪・火邪の六邪である。風・寒・暑・湿・燥・火は、風・寒さ・夏の暑さ。湿気・乾燥・非常に強い熱という6種類(六気)の気候をさす。六気そのものは自然現象であり、無害である。夏や冬になれば、人間のからだも、暑さや寒さに適応できるように、その都度内因の七情と不内外因からだの内側からおこり、臓腑を傷つける病気もある。そのような病気をおこすものを内傷という。内傷は内因と不内外因に分けられる。内傷の1つは、内因といって、こころの動きである。非常に落ち込んだとき、胃の具合が悪くなる経験をした人も多いだろう。人のこころ、気持ちの変化には喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の七情がある。喜んだり怒ったりするのは当たり前のことで、ふつうは病気にはならない。変化する。ところが、あまりに暑すぎる夏や、寒すぎる冬に遭遇すると、からだは対応できずに病気をおこす。つまり、風・寒・暑・湿・燥・火のうち、どれかが強すぎる、あるいは弱すぎれば、邪気となるのだ。このとき六気は外邪となり、六邪(六淫)とよばれるようになる。悪いものを運んでくる強い風は風邪、寒すぎる冬や冷夏は寒邪、暑すぎれば暑邪、もっと暑ければ火邪、じめじめした環境は湿邪、乾燥しすぎる環境は燥邪となる。

六邪には含まれない外因に疫痛がある。疫痛は感染性と流行性がとても強い。口や鼻から入ってくるもので、ウイルスや細菌などの病原体と考えられる。ただし、感情の動きがとても強く、喜びすぎたり、嘆きすぎると病気になる。また、うつうつとした気分などが長期間にわたっても、病気になる。

もう1つの内傷に不内外因がある。たとえば、働きすぎ、動きすぎ、逆に休みすぎなどが病気の原因(労逸)となることがある。暴飲暴食や偏食のことを飲食失節といい、そのほか、けがも不内外因に含まれる。疹血をはじめ、血や津液が滞ることで病気になることもある。五臓が互いに抑制しあう関係を、五行相克説で説明することができる。肺は粛降(しゆくこう)機能で肝の陽気がのぼるのを抑え、肝は疏泄(そせつ)機能で牌の気が滞らないようにする。

病因の種類と概要

外因からだの外側から邪気が入つてくる。体表面や口・鼻を侵して体内に移動

風邪

風がからだに悪いものを運んでくる。外因ではいちばん多い。症状が移動し、でたりでなかつたりする。風は舞い上がるので、頭部と顔面に症状がでやすい。

寒邪

寒すぎる冬や気温が低い夏。薄着や雨に濡れたり、汗をかいたりして冷えた場合。冬に多い。体内の陽気が衰える。凝集させる作用があるので、気・血津液が滞る。さらに経絡や筋脈が収縮する。

暑邪

夏の強い暑さ。夏の盛りにだけみられる。暑邪は熱なので、上半身に上がりやすい。湿邪とともに侵入することが多い。

湿邪

雨に濡れたり、水中や湿気の多い環境に長く滞在した場合。粘り、停滞する性質があり、病気の治りが遅くなる。気・血・津液の流れが悪くなり、下半身にたまる。

燥邪

乾いた風が強い秋や冬。夏の水不足による極度な乾燥。秋に多い。初秋の燥は夏の熱さがまだ残つているため温燥という。晩秋の燥は冬の寒さがあるため涼燥という。

大邪

暑よりもつと暑い状態。燃えあがる性質があるので上半身に症状がでやすい。津液をもつとも損傷しやすく、からだ中が乾燥する。

疫痛

六邪よりも強力な感染性と流行性がある。急に発症して、症状が重い。疫痛の多くは空気、水、飲食物、汚染物などを通して、人から人へと感染する。おたふくかぜ、コレラなどは疫痛による疾病。

内因からだの内側からおこる病気。先に臓腑が障害をおこす

内因(七情)

喜 気緩む。血の通り道が弛緩するため、心の気が緩む。

怒 怒気上がる。肝の気が激しく上昇。血も逆行する。

憂 憂気消える。肺の気が弱まって停滞する。意気消沈する。

思 気結す。月卑の運化作用がはたらかなくなり、気の動きが滞る。

悲 悲気消える。気が弱まる。

怖 恐気下る。腎の気がとどまれなくなり、下に落ちてしまう。

驚 気乱れる。神が心にやどれをくなり、混乱する。

不内外因外因でも内因でもない病

労逸

労力過度、心労過度、房事過度(過度な性交)、安逸過度(休み過ぎ)

五労

久視(きゅうし) 目を酷使する。血を消耗し、心を傷つける。

久臥(きゅうが) 寝たきり。皮膚と肺を傷つける。

久座(きゅうざ) 座り続ける。肌肉(筋肉の肉の部分)と牌を損傷する。

久行(きゅうこう) 歩き続ける。筋と肝を傷つける。

久立(きゅうりつ) 立ちっばなし。骨と腎を傷つける。

飲食失節

飢餓状態と過食状態、飲食不潔、偏食

外傷

けが

痰飲と廃血

津液の停滞と血の停滞

病因の種類と概要

外因(六邪)

豆知識 牌は運化(うんか)機能で腎の水分があふれないように制御し、腎はうるおす作用で心の火が 

強くならないように抑え、心は温めることで肺の粛降が過剰にならないように抑制する。

関連記事

LINEから予約