Blogブログ

長崎市の整骨院のさくら鍼灸整骨院のブログ、コラムのページです。

㉔五臓の色体表

◎五臓の色体表

五行説では世の中の様々なものを、木・火・土・金・水の5種類の属性で分類する。五臓を中心に人体の臓器や組織と、それぞれに関連した自然界のものを表にしたものが、五臓の色体表(五行色体表)である。五臓にかかわる代表的な事物を抜粋したものを紹介する。たとえば、木の属性を持つ肝には、筋、目、涙、などが所属し、影響を受けやすい季節には春、肝を傷つける感情は怒りである。肝に病変がある人の体臭は臊(脂の臭い)で、声は人を呼びつけるような声になり、肝によい穀物は麦、といったような情報が一目でわかる。色体表が、五臓の変調や治療方法を考えるときに参考になることもある。

◎豆知識

気を全身にめぐらす肝の疏泄(そせつ)の作用は、枝を伸ばす木の特性。臓腑を温める心の温煦(おんく)作用は火の特性栄養物をつくる。脾の運化機能は、土が万物を生み出す特性。

気を下におろす肺の粛降(しゅくこう)機能は金属の収瞼する特性。腎が持つ気を肺から降ろす納気、精の貯蔵、水をつかさどる機能は、水の特性である。五臓の特性は五行理論で説明することができる。

 
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事