Blogブログ

長崎市の整骨院のさくら鍼灸整骨院のブログ、コラムのページです。

columnアーユルベヴェーダなどの伝統医学

アーユルヴェーダとヨーガ

アーユルヴェーダはインドの伝統医学で、最近、話題に上ることが多い。人間の体は、ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)という3つの要素(トリ・ドーシャ)で構成されているとする。トリ・ドーシャのバランスがとれていれば健康とされている。バランスが乱れるとヴァータ体質、ピッタ体質、カパ体質のどれかになり、症状がでる。医師は、舌や瞳をみたり、脈をとったり、問診することで、ドーシャの過剰を判断し治療する。オイルマッサージや薬草の処方などの前処置のあと、発汗や浣腸などの中心処置で余分なドーシャを排泄し、食事療法やハーブ療法、瞑想などの後処置をする。生薬からつくられる薬やオイル(香油)は数百種類にわたり、体質や体調に合わせて選ばれる。アーユルヴェーダは、病気を治療するだけではなく、食事、季節ごとの過ごし方、人間関係などもふまえて、健康な人生を送ることを学ぶ哲学ともいえる。インドでは多くの大学でアーユルベヴェーダの研究と教育が行われており、西洋医学とともにインド医療を支えている。ヨーガは古代インドで生まれた修行法だが、最近では健康法の一つとして知られる。独特のポーズや呼吸法によってリラックスし、体内のエネルギーの流れを良くして生命力を高めるとされている。

チベットとイスラム圏の伝統医学

チベット医学は仏教の教えに従っているとされている。以前は僧侶だけが修めていたが、現在では大学などで専門の医学教育を受けることができる。人間の体は、ルン(風)、ティーパ(火)、ペーケン(水)で構成され、3つのバランスが崩れると病気になるとされている。脈診や尿診断が行われる。生薬を使った薬が処方されるが、薬草は海抜3800メートルのチベット高原で採取される植物である。また、薬湯による治療が特徴で、リウマチや皮膚病、関節炎などに効果があるといわれる。イスラム医学は、ギリシャ医学を土台とする。血液、粘液、黄疸汁、黒胆汁の4体液のバランスがとれていれば健康とする。症状と反対のもので治すという原則があり、熱性の病気には冷性の薬物を処方する。

さくら鍼灸整骨院
長崎電気軌道(路面電車) 新大工駅より徒歩1分
〒850-0015 長崎県長崎市桜馬場1-8-3泉田ビル1F
☎0120-396-491 
(午前)8:00~11:30(午後)14:00~19:00
※土曜日は午前まで ※日曜日・祝日休診
健康保険・労災保険・交通事故による自賠責保険

◆目次一覧(1~96)を見る◆

前のページへ<<

>>次のページへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事